本物のコンサルティングをより身近に。

東京都民がイライラする理由

SPECIAL

10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

株式会社ノグチ経理相談室

代表取締役 

同族会社の業績を、10億20億事業に成長させる「経営数値」コンサルタント。客数や客単価・生産性などの業績を現す数値と、財務諸表の数値とを統合させることこそ、同族企業の成長の根源であると、「儲かる社長が押さえるべき商売7つの数値の法則」として体系化。頼りになる指導と、評価が高い。

Fromノグチ

昨夜は、安倍首相の緊急事態宣言延長の会見がテレビに映し出されていました。

イライラしながら見ていました。イライラ理由は、よう分からん。 

「なんで検査出来へんの?」

テレビ番組は、今話題の情報を取りあげています。

言わずと知れた、PCR検査の話 

国会で首相が言ったことをなぜ実行できないかと追及されたと、、、

一日20000件のはずが、9000件ほど

なぜできないか?専門家も「…、試薬の問題とか、人員の問題とか、検体を運ぶ人とか、、」 

「よう〜わからへんけど、いったいどうなったら、いいの?」 

「東京なら、新規陽性患者が10人(一日に)」 

((あ〜、そうなの))

番組に参加しているメインMCもアシストMCnet参加のゲストも、そしてテレビ前の私も納得------!ガッテン!

脳が拒否する意味不明な数字

!毎日見せられるのは、新規陽性反応患者の数

430日は46人まで下がったものの

5月 1日 165

5月 2日 160

5月 3日 91 

毎日毎日感染が拡大しているらしいのはわかるけど、何をどうすれば、普段の生活を取り戻せるの?

わからないから、みんなイライラしてたのです。

口には出さねど、専門家って何よ?なんで8割外出禁止なのよ?って思ってた。 

はい、目標は、10人なんですね、、

それなら、まだ目標に達していないわけだ。

わかりました。そのためにすべきことはちゃんとやらないとお楽しみが減るのね、と。

 

やるべき行動がわかる数字

私の脳みそは、短時間(瞬時)に理解できる数字がお好き。

実行再生産数なんて、分母も分子もわからない計算もできない聞いたこともない数字は、大嫌い

お役所だってできていないことが色々あっても、「10人に向かって頑張ろう!」と言われれば、そりゃー頑張るよ。 

みんなが明るく顔を上げられるのは、「目的地がハッキリ」すること

ハッキリすると、スッキリするんですよね。 

「東京なら10人!」

わかりやすいですよね。

スッキリ頭に残ります

 

数字を共通の言葉にするポイント 

これって、販売の現場でもよくあるんです。

店長さんや社長さんが、一生懸命頑張っている。

だけど、なんだか伸び悩みのお店。 

そんな時は、もしかして、目標がハッキリ伝わっていないのかも、、、

店長さんや社長さんからすると、売上金額はハッキリした数字です。

ですが、販売をする現場の販売員からすると、今目の前のお客様に失礼がない方が大事。 

売り込みよりも、自分とこのお店を好きになって貰うお客様を増やすことの方がずっと大事。

自分目当てにお店に来てくださるお客様の数が気になっています。 

「今日の売上は30万円」ではなくて

「今日の売上は、30人のお客様から注文があって30万円」

現場の販売員から見ると、売上の総額は分からないけれど、30人という目標なら数えられます。 

相手の頭の中にハッキリ見えている数字が、大切です。 

―ノグチ 

 

P.S.

新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言以来、休業や自粛に追い込まれている中小企業オーナー社長さんは、いらっしゃいませんか?今の対策はもちろん、緊急事態宣言解除後だって、あなたの商売がず〜っとつづくことが大事なこと。

緊急対策コロナに負けないWebセミナーを開催いたします。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。