節税好きな社長が失敗しやすい理由 | 日本コンサルティング推進機構

本物のコンサルティングをより身近に。

節税好きな社長が失敗しやすい理由

SPECIAL

ダイヤモンド財務コンサルタント

ユメリアコンサルティング株式会社

代表取締役 

次世代経営者専門の財務コンサルティング機関。同族会社のオーナー社長・二代目社長に対して、経営基盤を頑強なものにする、「ダイヤモンド財務」の築き方を指導。

同族会社の社長は、一般的な人に比べて重税感を感じやすいものです。それに、実際に色々なところで税金を課税されています。個人で言えば、所得税に住民税。会社で言えば、法人税に地方税、消費税など、ありとあらゆる局面で「税金」が現れます。

そのため、多くの社長が「節税対策」といわれる書籍を買い込み、また、「節税対策」を指南するセミナーなどの足を運んでは、様々なテクニックを学んでいるものです。

ですが、面白いことに、勉強熱心で、努力家な社長ほどドツボにハマってしまって、「これ以上もうどうしたらいいのかわからない…」という状態に陥ってしまうのです。

なぜ、そのようなことが起きてしまうのでしょうか?

それは、「節税対策」の本質的な側面を理解しようとしないで、表面的なテクニックや小手先の技術だけを手に入れようとしてしまうからです。

その様子は、パズルのピースを必死に集めたものの、結局、「自分は何のパズルを完成させたいのかがわからなくなってしまう…」といった感じの状態に、多くの場合は陥ってしまうのです。

ひどい場合には、いわゆる世間一般の「お金を使う節税対策」をした結果、下記のような状況に陥ってしまった社長を、これまでに何人も見てきました。

「本当にお金が必要な時に、肝心のキャッシュが手元にない…」
「銀行融資を依頼したものの、塩対応を受けて途方に暮れる…」
「節税のために銀行融資を受けたものの、年々借金は膨れるばかり…」

社長本人に「自分がやっている節税対策が原因で現金が減っている…」「間違った節税対策が原因で、ムダな借金が年々膨らんでいる…」という自覚があれば、まだ、カイゼンの余地があります。

具体的な「打ち手」を打つことによって、苦境を打破することができます。

しかし、多くの社長は、その自覚がありません。その結果、多くの社長が限りある貴重な現金を節税対策という大義名分のもと、言葉は厳しいですが「お金を溶かしている」のです。

なぜ、当の社長本人にその自覚がないのでしょうか?

その理由は実にシンプルです。「税金を払うのがイヤだから」です。特に、「損したくない」という欲求はとても強いものです。だからこそ、「ゴール」であり真の「願望」を具体的に明確化しておかないと、あっという間に間違った節税対策の落とし穴にハマってしまうのです。

では、具体的に「あれ?なんか間違ったことをしてしまったのかな???」と社長本人が疑問を抱くようになる時はどんな時でしょうか?

それは、「税金を払いたくない」という痛みの次にやってくる新たな痛み。つまり、「資金不足」だったり「資金繰り」だったり、背に腹は代えられない状態に陥っている時なのです。

社長の仕事は、強く永く続く会社づくりをすることです。

あなたは、社長として、どんな未来をつくりたいですか?

ダイヤモンド財務®コンサルタント 舘野 愛

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。