本物のコンサルティングをより身近に。

高校の授業から学ぶDX時代 新常態の進化

SPECIAL

DX事業立ち上げコンサルタント

有限会社 アクトコンサルタント

代表取締役 

顧客とDX事業を一緒に構築するコンサルティング営業をめざす営業部の構築を支援します。

京都の某大学で前期に授業を受けた主席学生からのLineメッセです。

「先生、後期の試験が終わったらZoomでみんなとワイガヤしませんか?」

「もちろんいいよ!試験後というと2月中旬かな?で、何するの?」

「3回生は就活情報の交換、4回生は卒業のお祝いです」

「なるほど、情報交換もいいですが、後半は何かテーマを決めてワイガヤしませんか?例えば…」

「コロナ下での本年度の学び、来年度はどう進化させる?」

世の中では、コロナで新常態とか言いながら、いつかは戻る!といった淡い期待感があります。

「いつか、マスクをしない時が来る」
 「顔を会わせて会話しないと通じない」
 「また、お酒で盛りあがろう!」

もちろん、これらも大切な事ですが、そこに決して期待感をもってはいけません。

ここは、「戻らない」という大前提で、営業活動の進化のあり方を考えるべきです。

新常態を見込んだ?こんな例があります。

沖縄県うるま市にネット授業を軸にした高校があります。
ドワンゴとKADOKAWAが2016年に設立、通信制高校の制度を活用し、高卒資格に必要な学習を好きな時間にできるのです。

授業はもちろん、部活・運動会・遠足もネット、対面は年に5回のメンターと1回の期末テストだけ

卒業生の中には、東大やプロ棋士合格、eスポーツ選手権優勝など様々なジャンルで活躍している人がいます。

開校して5年、学生数は、約1万5000人と信じられない数字です。

授業の内容は、動画授業とレポートの完結アプリ、チャットの嵐できめ細かなフォロー

双方向性と本質の追求で進化しています。

私も、コロナ下の新常態授業、某大学からささやかな賞を頂戴しました。

授業は、15回全てZoomで双方向を意識して、ブレイクアウト・投票・Slackでの共有だけではなく、中小企業訪問もZoomで実現できました。
面談は、前期課程終了した後、京都駅で有志と…。

来年度は、さらに進化させるべく新たな取り組みを考えています。

皆さんも、新常態の進化にどのように取り組むか!
その方針や考え方ができていますか?

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。