本物のコンサルティングをより身近に。

会社を潰す元凶は、●●的判断

SPECIAL

ダイヤモンド財務コンサルタント

ユメリアコンサルティング株式会社

代表取締役 

次世代経営者専門の財務コンサルティング機関。同族会社のオーナー社長・二代目社長に対して、経営基盤を頑強なものにする、「ダイヤモンド財務」の築き方を指導。

ある2代目社長さんは「ウチの顧問税理士は税金の話しかしない!」「提案もピント外れなものばかり!」と、かなりご立腹の様子で、見るからに、相当、ご不満が溜まっているようです。

もちろん、ごくまれに…ですが、残念ながら税理士先生側の力量不足、つまり、税理士としての職責が全うできていない…というケースもあります。ですが、多くの場合は、社長さん側の「認識の間違い」だったりするのです。

さすがに表面的なお話だけで判断してしまうことは、社長さんだけでなく税理士さんにとっても良い結論に辿り着けません。なので、もう少し詳しく、ゆっくり、掘り下げて聞いてみたのです。

もちろん税理士さんとの向き合い方に関しては、セミナーのみならず日頃からお伝えしていますが、多くの社長がいまだに「大きな勘違い」をしているのも事実です。

そのため、あえて申し上げます。税理士は、あくまでも「税金の専門家」です。

具体的には、会社の過去のお金の流れに沿って、会計処理をして、税金計算をする「税金の専門家」です。

その点をよくよく踏まえて、「これまでに税務の申告書で間違いがあったことはありますか?」と社長に伺うと「いいえ、それはありません。」とのこと。

「では、税務調査があった時に、税理士はちゃんと対応してくれましたか?」と社長に伺ってみると、「はい、まあ、特に問題になるようなことはありませんでした。」とのこと。

税務申告書にしょっちゅう間違いがあったり、税務調査で一目散に逃げてしまうような税理士であれば、それは困った話です。社長さん側が「新しい税理士さんを探そう」と思っても、無理はありません。

ですが、この社長さんのケースだと税務に関する職責は全うしているようです。

そこで、もう少し掘り下げて「では、税理士さんとの契約書には、何て書いてあるかご存知ですか?」と社長に伺ってみると、「いや、ちょっと覚えてません。何でも相談にのってくれて当たり前じゃないんですか。」とのこと。

あなたは、ここまで聞いてみてどのように思われましたか?

税理士の仕事は、税理士法の第1条「税理士の使命」にもある通り「税理士は、税務に関する専門家」です。第2条「税理士の業務」にも「税務代理、税務書類の作成」と明記されています。

ところが、多くの社長は、税理士との「契約内容」を正しく理解しないまま、社長さんとしては、税理士に過大な期待を抱いてしまうのです。

あたかも、税理士が万能であるかの如く「大きな勘違い」をしてしまうのです。

そうなると、どうなるでしょうか?

ひどい場合には、自社の「経営」についてアドバイスを求めたり、依存したりします。もちろん第三者の意見に耳を貸すこと自体は、悪いことではありません。「依存」とは、別問題です。

自社の経営判断を第三者に依存すれば、依存するほど、経営は悪化していきます。それは、当たり前といえば当たり前です。理由は簡単で、トップである社長自身が「考えなくなるから」です。

トップである社長自身が、自分のアタマで真剣に考えることなく、「税理士が言っているから…」とか「銀行が言っているから…」などと「重要な経営判断」を「第三者」に依存すれば、どうなることか…ということです。

先ほどの税理士はあくまでの「税金の専門家」という原点に立ち戻れば、ハッキリ申し上げて、税理士は、税理士としての職責は全うしています。問題なのは、社長の依存的な姿勢なのです。

社長の仕事は、強く永く続く会社づくりをすることです。

もっといえば、会社の未来を創ることです。

あなたは、社長として、会社の未来をつくれていますか?

ダイヤモンド財務®コンサルタント 舘野 愛

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。