事業計画のストーリーを固める | 日本コンサルティング推進機構

本物のコンサルティングをより身近に。

事業計画のストーリーを固める

SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)

代表取締役 

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

今週も、補助金に関するコラムです。

先週末に事業再構築補助金の公募要領が公表されました。
それを受けて、私の顧客に情報を伝達したところ、あるお客様より以下のような返信をいただきました。

「なかなか制限が多く、当初申請内容では適合出来ないと、頭を悩ましております。」

また、知り合いの士業の方と情報交換をしている中で、その士業の方は「先日公表された事業再構築指針の手引きを読むと、製造業で当てはまる会社はどこもないような気がしますね」とおっしゃっていました。

確かに、事業再構築指針の手引きには対象類型と、適用要件が事例を交えて記載されており、新規性要件などは当初の想定よりも厳しい要件が課されているように思えます。

採択された場合の金額も大きいので、要件が厳しくなるのも当然と言えば当然です。

ではどうすればよいのか?

魔法のような答えがあるわけではありません。

今後、行っていきたい事業について、改めて自社の強み、抱えている課題、外部環境を整理し、必要な設備・組織・人員を見直し、全体を貫くストーリーを組み直すしかないと思います。

実際に、上述の会社でも頭を悩ましつつ、社長様自らストーリーを見直し、適用要件と比較しながら内容を検討し直されています。

結局、補助金を使うに足るストーリーがわかりやすくミエルカできているか。

それに尽きるのです。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。