本物のコンサルティングをより身近に。

メディアを活用して自社製品と技術を知らしめる

SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)

代表取締役 

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

「後藤さん、実は当社の開発した技術についてある雑誌に掲載してもらうことになったんです。その中で、特許についても少し触れようと思い記載してみました。これで問題ないでしょうか?」

これは、私のお客様から先日いただいた相談内容です。

そのお客様が開発された技術はすでに日本で特許になっており、現在海外での特許取得を検討している段階で、国内外で開発技術を生かしたビジネスを展開されています。

特許について記載されている部分は全体の中のほぼ一部でしたが、技術と特許は切っても切れない関係にあり、「ちゃんと知財戦略も立てて活動してますよ」ということもアピールするという点で非常にありがたいことだと感じました。

内容自体は特に問題ありませんので大丈夫ですよと返答しています。

このお客様以外に、別のお客様も開発された技術と製品を展示会に出展したところ新聞社の方より「雑誌に掲載したい」という申し出を受けたということを聞いたことがあります。

このように、自社の技術を対外的に公開する手段として雑誌等の印刷物やSNSを活用するということも有効な手立てであることを改めて感じます。

その中で、独自の知財戦略や特許について触れておけば、より開発技術の輝きが増します。

自社の製品とそれに関わる技術と知財をどうやって知らしめ、顧客を吸引するか?
これも重要な課題かと思います。
いろんな媒体を活用した戦略を進めていってください。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。