本物のコンサルティングをより身近に。

後継社長を飛び越えた指示をする創業者への対応はどうするべきか?

SPECIAL

バトン承継コンサルタント

承継イノベーション研究所(株式会社think shift)

代表取締役社長 

これまで後継経営者を100名以上支援・指導し、自身も後継経営者として実績を出してきた、後継者支援の実績と後継経営者としての経営実務の実績とをあわせ持つ、バトン承継コンサルタント。
後継経営者が「ただ」事業を引き継ぐだけではなく、「自分らしい」経営を行うことで経営の革新を引き起こす、「承継イノベーション」を提唱している。

後継社長のご支援をする中で様々なお悩み、ご相談をいただくことがあります。
その中から、後継社長からの質問に答えていきます。

会長からの指示に困惑する社員

先日お邪魔した後継社長から、このような相談を受けました。

『最近、入社した社員に、会長から直接指示が出る。
自分(後継社長である現社長)と方針が一致しているものであれば問題ないが、会長との意見の異なる内容を指示されると、入社したばかりの社員が戸惑ってしまう』

というもの。

引き継いだとはいえ「自分の会社」という意識

まずこの方にお伝えしたいのは、自社に限らずどこにでも起こっている話だということ。
なので「安心してください」というつもりはありませんが、どこにでも生ずるものだという前提で対応すればいいという話です。

創業者の感覚は、ざっくばらんに申し上げれば大方において「おまえのものは俺のもの、俺のものは俺のもの」というものに近い状況です。
いわば、自分が育て上げた会社そのもの、それは「自分の所有物」なのです。

このことは会社に対してだけではありません。
内部昇格させ、引き継いだ後継社長に対しても同じ感覚があるのです。
親からすれば子供が50歳になっても子供は子供であるように、内部昇格で社長になった人は特に、会長にとって、社長はいつまで経っても部下は部下なのです。

ということからすると、事業承継をして社長が雇った社員も、会長が雇った社員と同じ。
承継前と何ら変わらず、悪気なく何の考えもなしに指示を出しているだけなのです。

悪気があれば対応もしやすい部分もあります。
そのため、「悪気なく」というのが一番危険ともいえます。

社内の指示命令系統とは別の役職・役割を与える

ではどうすればいいか?
私のアドバイスは、本業にも良い影響が出るような形で、別の組織体での新たな肩書と役割を与えるということ。

例えばこのような事例があります。

もともと新素材の開発をしたくて大企業から独立した創業者がいました。会社を大きくして事業承継したあと、2代目は創業者のために「●●研究所」を設立し「初代所長」という肩書きを用意して、改めて新素材の研究に没頭できる環境をつくりました。

結果として、本体の経営に創業者が口を挟むことはなく、研究所で開発されたものが新商品として販売され、本体の業績も右肩上がりになったということでした。

創業者である会長に口を挟まれると、その存在が煙たく感じる気持ちは十二分に理解できます。

一方、会長の方も、頭では、新社長に任せたい、潔い存在でいたい、と思っているはずです。
ただ、創業者という特性が、ついつい黙ってはいられない状況を自らつくってしまうのです。

現在の60代は、身体も元気なら頭もある程度冴えています。根っから仕事好きなのが創業者ですから、暇を持て余してしまうのです。

ということで、会長が社長の頭越しに指示を出してしまうことについては、会長を諌めることなく、会長の情熱や能力を別のところに向ける工夫をするということです。

同じ組織体にいると「指示を出してしまう」のを防ぐことは難しいので、別の組織体をつくるという「仕かけ」が必要なのです。

そうなれば、会長もやり甲斐を持ち、社長もストレスが溜まらず、社員も指示を受けるべき相手は社長一人となって迷わない、という三方よしが成立します。

もし同じような悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、参考にしていただけたら幸いです。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。