本物のコンサルティングをより身近に。

ビジネスを可視化するためのツール活用

SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)

代表取締役 

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

「後藤さん、今進行中の案件について、担当者にビジネスモデルキャンバスを作成させています。まだたたき台の段階ですが、一度観ていただいてアドバイスしていただけますか?」

これは、先週私がコンサルティングをしている会社で社長と話をしているときに、社長が私に依頼されたときの言葉です。

この案件はこの会社にとっても今後の事業化によって非常に有望ではあり、製品化も進めているのですが、まだビジネスモデルが固まっておらず、社内でも方向性が固まっていない状況です。

社長の依頼を受けて、担当者を呼んでいただき作成中のビジネスモデルキャンバスを拝見し、私なりのアドバイスをさせていただきました。

ビジネスモデルキャンバスはまだそんなに普及しているツールではないと認識していますが、自社で展開したいビジネスを整理し、方向性を定めるうえで有益なツールであると理解しています。

その担当者は独学で勉強しているようでしたが参考図書なども紹介したうえで「一人で考えるより、関係者を集めてたたき台の内容を説明し、関係者全員でブラッシュアップした方がよい」ということも申し上げました。

特に、顧客は誰で、どのようなチャネルを使ってどのような価値を提供していくのか、そこがまだ十分固まっていないので詰めていくことが必要ということもアドバイスしました。

ビジネスモデルを考える場合、正直ツールは何でもよいと私は考えています。その会社、その人が使いやすいツールであればよいと思います。

その一つとして、ビジネスモデルキャンバスも使えるツールだと思います。
興味ある人は一度ネットでも検索してみてください。
新たなビジネスモデルを作ることができるかもしれませんよ。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。