本物のコンサルティングをより身近に。

恒例!10大ニュースと来年の目標発表会

SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス

代表取締役 

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

umi0049-012

28日の月曜日で、弊社工事会社のほうは仕事納めとなりました。少しやり残した仕事はありましたが、大半の工事も終わり今年も無事終了することが出来ました。今年はどんな年だったでしょうか?皆さんの会社ではもうお休みに入っていますか?来年に向けての商売繁盛計画はもう出来ていますか?

弊社では、ここ5年ほど前からずっと続けていることがあります。それは、仕事納めの日に、社員全員の今年の振りかえりと来年の個人目標を発表しています。10大ニュースと、自己評点は何点だったか。それと、来年の目標や個人スローガンです。

もちろん会社で起こることが中心の発表ですが、何でも書いてよいというルールなので、各々、自由に書けるだけ書いて発表です。職人社員もパートさんも全員です。

ここではお互いの意見を尊重しあい聞いたり意見をしたりするんですが、意外な事書く輩がいて、毎回驚いたり、感心したりしています。

特に若手は目標が高くて頼もしいです。私はというと、業績アップと健康のこと家族のことを毎年書いているだけで、なんだか一番夢が無いように思います。

それでも毎年思うこととして、毎年作成している経営指針書を毎朝読み合わせしているためか、だんだん指針書の内容に則った意見や目標が多くなってきています毎朝の繰り返しが会社のルールとして社員全員に浸透してきているのかなと思ったりしています。

元請の専門工事会社として、地域で必要とされる会社であり続けることこそが弊社の存理由である限り、去年より今年、今年より来年とより一層のレベルアップをしないといけないわけです。

工事内容や設備はそんなに変わるものではありませんが、全員で同じ価値を共有して個人レベルが高くなれば会社のレベルは上がります。

来年も今年以上にご縁のあるお客様に一人でも多く会えるよう、この年末年始の休暇を使って充電と計画を練っていきたいと思います。

今年2月から始めたブログも公開で年内最終になります。毎回毎回、下請脱却を目指している専門工事業経営者様に向けての発信をしてきました。来年もお読みになられた経営者様に少しでもヒントになるようなコラムを発信していきます。よろしくお願いします。

次回50号は12日より再開いたします。一年間ありがとうございました。

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。