トップ > コラム > 目標の設定でカイゼン内容は変わる

目標の設定でカイゼン内容は変わる

  メーカーの儲かる仕組みづくり 若井吉樹 SPECIAL
若井吉樹 SPECIAL

メーカーの儲かる仕組みづくりコンサルタント

株式会社 しくみカイゼン研究所 代表取締役 若井吉樹

メーカー企業の「儲かる仕組みづくり」の専門コンサルタント。日本の中小企業がやるべき、その会社ならではの「儲かるしくみづくり」について、プロの着眼点で指導。

843574dcfb82fb7cf67c91b4ae53a148-300x169

新たな目標を設定して、新しい年をスタートさせたい! そんな想いをお持ちでないでしょうか?

A社: 在庫を10%削減
 B社: 在庫を半減(50%削減)

A社は無理せず実現可能な目標を設定、B社は思い切って高い目標を設定しました。

しかし、ここで考えるべきは数字の大小だけでなく 社員の知恵と工夫をどこまで求めるかです。

10%の在庫削減であれば、本来日々やるべきことをきっちりやりさえすれば達成できるでしょう ところが、半減(50%削減)となると、いまのやり方にこだわらず ゼロベースで新しいやり方を考えなければ無理です。

社長は数字とともに、社員にどこまで知恵と工夫を求めますか? もちろん自社の状況や経営環境にも寄ります。業種自体がジリ貧だったり、自社が競合他社に比べて大きく後れをとっていれば 社長として生き残りをかけて高い目標を設定すべきです。

しかし、高い目標を設定したが、いったいそれをどうやったら達成できるか、想像にも及ばない、なんてなってしまうと駄目です。やはり、それに向けてのマイルストーンが描けなければいけません。

その一つがカイゼンの設計図を描くことです。こうやったら、在庫が半分になる、コストが大幅に減る そのためには簡単にはできないことが山のようにあっても、これを一つひとつやっていけば、目標が達成できるというものがなければダメです。

社長の会社も来年は儲けにつながるしくみのカイゼン設計図を描きませんか?

【メーカー企業】儲かるしくみづくりの視点
若井吉樹

メーカーの儲かる仕組みづくりコンサルタント

株式会社 しくみカイゼン研究所代表取締役

若井吉樹

執筆者のWebサイトはこちら http://www.shikumi-kaizen.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×