同じお客様に通い続けてもらう!「10年顧客」の育て方

書籍 同じお客様に通い続けてもらう!「10年顧客」の育て方

者:
齋藤孝太
販売価格:
1620
出版社:
同文舘出版 (2015/4/8)
ISBN:
978-4495529710

値引きなし!ムリな集客なし!ご無沙汰客なし!お客様との関係を深めて、安定的に売上を伸ばしていく繁盛店づくりのヒント。大手チェーン店には真似できない!売場、接客、販促ツール、イベント、スタッフ育成。

 

◆お店の売上は、ずっと通ってくれるお客様が何人いるかで決まる!

「割引セールをしているのに、最近あんまり効かないなあ」
「せっかく新しいお客様が来ても、固定客になってくれない」
「以前よく来てくれたお客様が来なくなることが多いなあ」

こんなこと、最近、増えていませんか?

本書では、17年間にわたり、「10年通い続けてくれるお客様」=「10年顧客」
を育てることを専門にコンサルティングをしてきた著者が、その育て方を紹介します。

10年顧客が育っていくお店は、売上が安定します。ガタッと落ちることがありません。離脱するお客様が少なく、新しく育っていくお客様のほうが多くなるので、お客様の数が年々増え、「ご無沙汰」のお客様が減っていくからです。

これと似たような考え方に「リピーター・ファンの育成」がありますが、大きな違いがあります。
リピーターやファンをつくるという漠然とした目標ではなく、10年間というゴールを設けることで「育てたいお客様のイメージ」が明確になり、お店の全スタッフが一丸となって、お店の想いを伝える取り組みができるようになります。

お金と労力をかけたすごい活動でなくてかまわないのです。
日々の活動にちょっとした工夫を加えて、お客様が喜んでくれる場面を増やし、たくさんの「10年顧客」を育てましょう!

 

同じお客様に通い続けてもらう!「10年顧客」の育て方
jcpogoto
著者 齋藤孝太 について

2004年の独立後、これまで100社以上の企業の現場において、「顧客ピラミッド構築の仕組み」をお店の現場に根付かせるコンサルティングを行っている。

化粧品店、アパレルショップ、ビューティーサロン、美容外科クリニック、バイクショップ、写真店、新聞販売店、携帯ショップ、インテリア販売、ガソリンスタンド、スポーツクラブ、ショッピングセンター等の仕事に携わる。

クライアントの経営者から

「私達の想いがよりお客様に届くようになって固定客が増えた」

「リーマンショック後の売上減を乗り切れた」

「お店の未来がはっきりと見えたことで、スタッフの意識が高まって業績が上がった」

と大きな支持を得ている。

株式会社 SIS 代表取締役

著者のコラム、セミナー情報はこちら

月刊誌(無料)登録フォーム

×