トップ > コラム > 「試して結果を出す事こそ真実」

「試して結果を出す事こそ真実」

  下請工事業脱却 村松利孝 SPECIAL
村松利孝 SPECIAL

下請工事業脱却コンサルティング

有限会社村松鈑金東京オフィス 代表取締役 村松利孝

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

当コンサルタント開催セミナーがあります。


5R1A0361-200x300

この時期の急な暑さは、湿度を伴うので、真夏より熱中症になりやすいです。

屋外の専門工事は、要注意ですね。弊社では、朝礼時に職人社員には梅干し、そして現場用水筒を今朝から用意し始めました。こまめな水分塩分補給で乗り切りましょう。

蒸し暑くとも、しっかり体調管理して商売繁盛していますか?

 

さて今回は、「試して結果を出す事こそ真実」です。

先日、まだ弊社コンサルティング回数の少ないクライアント様が、大型受注が取れたと報告いただきました。受注金額にもびっくりしましたが、本当にうれしかったです。

もちろん、このクライアント様の元々の実力があったからですが、お客様に見積提案を持っていく時に、弊社の書式、書き方を真似て提出したそうです。この「書式や営業しない営業方法」は、弊社が「0ベースから作った、長年試して効果のあった方法」です。

この方は、すでに直販工事に取り組んでおられたのですが、今以上に直販を伸ばしたいとのことでしたので、弊社を導入され、実際、実務ベースでのやり取りをスタート時からしていました。

この方は、とにかく私が伝えたことを形にすること。すぐ取り組むことです。実際、弊社を真似て、販売の方法や、追客の仕方、フォローの仕方など、そっくりそのまま真似て、準備されています。とても上手いコンサルの使い方だと思います。

なぜなら、いくら私が提案をしても、まずは自社に置き換えて0ベースで考え検討したり、0ベースで作成していては、長時間が掛かり、長く結果が出ないからです。

それよりは、まず真似てみて、実際やってみて、その結果を受け止める。

経営は実業です。「結果こそ真実」だからです。上手く行けばそれを繰り返す。うまく行かなければ、少し変えてみる。自社カラーアレンジを加えてもう一度やってみる。

これが一番早く実績=受注、売上獲得につながるからです。

「上手くいく方法」が目の前にあるのですから、それをまずは、早く体得してほしいのです。

ゆっくり、そのうちなら、何も村松は必要ありません。

私の役目は、例えるなら、一気に駆け上がりたい、あなたの目の前の急坂を、電動アシスト自転車で、あなたの漕ぐ力をアシストすることです。

初めの急坂さえ登れば、上手く登るパターンを体得しますから、あとはそのパターンを実務の仕組みまで落とし込んで繰り返し繰り返しをすることで、本当の実力がつきます。

そして、一度、急坂を登り切れば、もう電動アシストは必要ありません。あなたの漕ぐ力で前進していくだけです。だからまずは、真似て実際の行動まで起こしてみてほしいのです。

「試して結果を出す事こそ真実」

どうか、取り組みのスタンスを、「考えて考えて行動しない」、から、「まずは真似てとりあえずやってみる」に変えませんか。

 


当コンサルタント開催セミナーがあります。

【工事業専門】直販工事受注への視点
村松利孝

下請工事業脱却コンサルティング

有限会社村松鈑金東京オフィス代表取締役

村松利孝

執筆者のWebサイトはこちら http://motoukeka.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×