知財活用の大前提~社長、そのビジネス成功の確信を得ていますか?

  知財・ライセンスの収益化 後藤昌彦 SPECIAL
後藤昌彦 SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルティング

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー) 代表取締役 後藤昌彦

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。


「後藤さん、このシステム、先日の展示会で大きな反響がありましてね。大企業からも連携の話が来てます。成功できる確信が持てましたので、さらに使い勝手を向上したシステムにしてそれを特許にしたいんです」

これは、昨年訪問した会社の社長さんに開発したシステムのその後の状況をお聞きしたときの社長さんの話を要約したものです。

実際にその展示会に見学に行きましたが、多数の来場者へのご対応を真摯にされており、かなりお疲れの様子でした。

社長さんからすれば、心地よい疲れだったことでしょう。それまでの苦労は並大抵のことではなかったはずですし、今後のビジネスモデルを変える革新的なシステムになればいいと思いながら拝見していました。

さて、このように自分のビジネスに成功の「確信」を持たれ、なおかつ大企業からのオファーや連携の可能性が生じてくると、知的財産を活用する場面というのが必ず出てきます。

大企業にとっては、ある商材やビジネスモデルを採用、あるいは共同開発する際に「知的財産を保有していること」や、「他者の知的財産を侵害していないこと」が取引の条件になっている場合もあります。

また、何の武器も身にまとわず、丸裸で新しいものを公開するリスクは言わずとも大きいものです。

さらに、自社特有の商品名、あるいは自社ブランドを売り込んでいく際にも知的財産があるとないとでは相手に与えるインパクトが違う場合も少なくありません。

ビジネスに成功している会社はそのことを十分理解した上で、使える知的財産権を取得し、活用しているのです。

逆に、ビジネスが成功するかどうかを検討もせず、先に知的財産を取得して「さあどうやって売ろうか」と考えている会社が数多く存在し、その大半が失敗に終わっているケースがあることもこのコラムで何度も紹介している通りです。

この成功と失敗の分かれ目は、「自社の経営資源における知的財産の位置付けと使い方」をちゃんと見極めて、形にしているかどうかに尽きます。

戦略なき知的財産取得はただの浪費であり、何も生みださないということを今一度申し上げたいと思います。

御社のその商品やサービスは成功する確信がありますか?成功するためにどのように知的財産を使っていくべきか決めていますか?

 


【知財・ライセンス】会社に眠っている資産を収益化する視点
後藤昌彦

知財・ライセンスの収益化コンサルティング

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)代表取締役

後藤昌彦

執筆者のWebサイトはこちら http://www.ipmaacurie.com/

当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×