専門コンサルタントを選ぶ時の5つのポイント

  コンサルティングビジネス専門 五藤万晶 SPECIAL
五藤万晶 SPECIAL

コンサルティングビジネス専門コンサルティング

株式会社日本コンサルティング推進機構 代表理事 五藤万晶

日本で唯一のコンサルティング業専門のコンサルタント。法人対象の実務コンサルティング指導ができる実力者を、これまでに100人以上輩出。またコンサルティング会社、コンサルティング事業部からの依頼も絶えない「コンサルビジネス」の第一人者。


2ffd7b1f3cb63a52f9418ba6bf6ad65a_s企業に仕組みをつくるお手伝いをする専門コンサルタントのことを、当機構では他のコンサルタントと明確に分けるために、「ダイナミック・コンサルタント」と表現しています。

このダイナミック・コンサルタントの人のことを聞かれることも多いのですが、コンサルティングを実際に依頼する経営者や事業部長にとっては、特に気になることだと思います。

大事なことは、「コンサルタントならそれほど変わらないでしょう、などと決して思わないこと」です。特に自社に「儲かる仕組み」をつくるためにコンサルタントを活用するなら、そこには現場実務を熟知していて、しかも研修指導ではなく、一段階俯瞰して仕組みづくり指導ができる人を選ぶことが重要です。

ざっと、ダイナミック・コンサルティングができる人の特徴をまとめると、以下の5条件が挙げられます。

  1. 企業の実務の現場で10年以上活躍、実績を積み重ねてきた経歴のある人
  2. 個人対象や社員対象ではなく、しっかりと企業や経営者を相手にしている人
  3. 自らのノウハウを、ブレずに指導できるように体系・パッケージ化している人
  4. 決算書うんぬんではなく、商売のカンどころや空気感で話ができる人
  5. 自営業、起業家、経営者…など、独立していて代表者の責任を持っている人


 これらのことは、コンサルティング依頼をする際の、実務上のチェックポイントといってもいいでしょう。

自社に大きな成果をもたらす、新たな仕組み作りのために、ぜひコンサルタント選びのチェックに活用してみてください。

 


【専門コラム】社長のための、コンサルティング活用の視点
五藤万晶

コンサルティングビジネス専門コンサルティング

株式会社日本コンサルティング推進機構代表理事

五藤万晶

執筆者のWebサイトはこちら http://www.drgc.jp

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×