信念と継続で商売繁盛

  下請工事業脱却 村松利孝 SPECIAL
村松利孝 SPECIAL

下請工事業脱却コンサルティング

有限会社村松鈑金東京オフィス 代表取締役 村松利孝

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

当コンサルタント開催セミナーがあります。


夜明けの時間がだんだん遅くなって来ました。

目覚まし時計のセット時刻は5時前ですが、夏の間はもう明るくて、パチッと目覚めるのですが、最近まだ暗いので、うっかり二度寝してしまうことがあります。早朝、やっと涼しくなってきたので余計かもしれませんが(笑)

さて今回は「信念と継続で商売繁盛」です。

村松さん、脱下請けをするときに、一番大事なことは何ですか?

弊社のセミナーや、コンサルを受けられる方が、一番最初に質問されることです。

そこでいつも申し上げることは、まず、

絶対できる、必ず実績を出すという、ぶれない心で取り組むということですよ。

とお伝えします。

今まで、元請会社からの電話一本で工事をしていたわけですから、そもそも営業という行為に不慣れなわけです。弊社の集客方法を実行しても、お客様からの依頼電話が鳴らなかったり、やっと鳴った電話も、お客さまに対してなかなかうまく提案だったり、見積を納得していただいて、工事契約をもらうこと自体、とてもハードルが高く感じるものです。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

私のやり方は、口下手な職人社長だからこそ、ちゃんと集客や受注できる方法です。

うまく喋れる営業トークなど必要ありませんが、1回、2回でうまく出来るかというと、そうでないかもしれません。ここであきらめず、絶対出来るという、あきらめない心、「信念」が必要です。

あと、大事な事は、その方法を愚直に繰り返すこと。繰り返すことによって、弊社のやり方が、だんだん上達します。そして、その意味も分かってきます。

継続することこそ、脱下請けを実現するのに必要な条件なのです。

信念と継続で商売繁盛

これは、拙書、「1年で脱下請けするしくみ」を献本させていただいた方へのメッセージとして書いている言葉でもあり、下請専門工事を脱却させる最大のキーワードなのです。

手法は、真似できますが、ぶれない心を継続して持つことは努力が必要です。

職人社長が、やりがちな失敗は、私が22年間で、全て経験していますので、同じ失敗はさせません。成果の出ない、まわり道の時間がもったいないからです。

私の現クライアントさんの中に、この信念レベルが非常に高い方がおり、短期間に、大変な好成果を出しておられます。後は継続したら、脱下請け化は過去最短で達成してしまいそうな勢いがあります。

私は、専門工事業の強みを最大限に活かした方法、考え方をしくみ化出来るまで実務レベルをあなたに提供します。

そして、信念で継続できる、本気で自社の直販受注化、脱下請けをお考えのあなただけをサポートしたいのです。

年内に準備を進め、来年、今以上の商売繁盛を実現してみませんか。

弊社は、専門工事会社の直販化100%を実現している現役経営者の村松の考え方、具体的な実務の直販経営ノウハウすべてを提供しています。どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。そのうち、ゆくゆくはでは一生変わりません。今度は、あなたがアクションを起こす番です。

 


当コンサルタント開催セミナーがあります。

【工事業専門】直販工事受注への視点
村松利孝

下請工事業脱却コンサルティング

有限会社村松鈑金東京オフィス代表取締役

村松利孝

執筆者のWebサイトはこちら http://motoukeka.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×