トップ > コラム > 新たな売上を創るには、新たな取り組みが必要

新たな売上を創るには、新たな取り組みが必要

  下請工事業脱却 村松利孝 SPECIAL
村松利孝 SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス 代表取締役 村松利孝

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

二週連続台風の影響で、屋根工事屋の弊社は、この二週間、とても忙しく対応に追われておりました。数年前の大型台風の苦い経験があるので、今回は、仕組化した対応で、比較的スムーズに現場確認と見積までは出せましたが、これからは、その修理受注物件の施工に年内いっぱい苦慮しそうです。

あなたの地域では、あの長雨、台風の影響はありませんでしたか。きちんと対応できましたか?

さて今回は、「新たな売上を創るには、新たな取り組みが必要」です。

先日、弊社と同業者の方に、こんな話をお聞きしました。

下請けの仕事は、今それなりにあるが、来年も、そのあともずっと下請けの仕事があるのか不安だ。

自分自身、歳を取ってきて、この先も若い時のように仕事を続けるのはできないかも。

息子が、後継者にいるが、年々受注工事が減ってきて心配だ。

仕事があるとき、ない時の差が激しくて、職人を遊ばせないようにしないといけない。

など、多くは、先行きの工事受注量や、人手の問題でした。

そこで、何か新しい手立てを打っていますかとお聞きすると、

多分、大丈夫だろう、成り行きを受け入れるしかない・・・など、特になにか、新しい対策が無いようでした。或いは、考えはあっても、具体的に行動には至らない状態の方もおみえでした。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

また、質問しました。

お客様直で注文いただけたらいいと思いませんか?

もちろん、出来たほうがいいと思っている、値切られず、工事のペースも自分で決められる、でも、知り合いや、身内の関係しかやったことがない、

今の工事が忙しいので、もう1年待ってもらっている?

など、おおむね、直販工事が今より増えると良いと思っておみえでした。

でも・・・・

その新しい売上を積極的に創るために具体的に何かやっているかというと、ほとんどの方は何も手を打っていない。ある若手の方は、半年前に1度、情報誌に広告を出したが、これといった効果もないので、次は載せないとかの話でした。

今の売上は、きっと例年並みにあると信じて?これからも下請け工事中心で行くのでしょうか。先行き不安の打開策を積極的に欲しいと思わないのでしょうか?

それぞれの経営方針があるので、それ以上言及しませんでしたが、やっぱり、今年と違う売上を生み出すなにか新しい取り組みをしない限り、今年と違う売上なんてできるはずないのです。

ただ、思いがあっても、実際、どこから手を付けていいのか、具体的にどうしたら、お客さまから選ばれ、注文いただけるようになるかは、分からない方が多いのも事実です。思いがあっても、具体的に売上までする方法が行動レベルで、いまいちわからない。

私たち専門工事屋は、その道のプロです。これを最大活用して、新たな仕事につなげ、毎月の売上に貢献していく仕組み、手に入れたいと思いませんか?

今年もあとわずかです。

来年、新たな売上を作るには、今から準備し、取り組む必要があります。

弊社では、小さな専門工事店だからできる、直販受注経営の仕組みがあります。

長年苦労して編み出した仕組みですが、今なら貴社にたった1年で提供できます。

あとは、それをやるか、やらないか、社長のあなたが決めればよいと思います。

変わると決めたら、あとは行動のみです。

弊社主催の年内最終セミナーにぜひお越しください!

弊社は、専門工事会社の直販化100%を実現している現役経営者の村松の考え方、具体的な実務の直販経営ノウハウすべてを提供しています。どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。そのうち、ゆくゆくはでは一生変わりません。今度は、あなたがアクションを起こす番です。

 

【工事業専門】直販工事受注への視点
村松利孝

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス代表取締役

村松利孝

執筆者のWebサイトはこちら http://motoukeka.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×