勝ち続ける組織の5つの特徴

  ホスピタリティビジネス 船坂光弘 SPECIAL
船坂光弘 SPECIAL

ホスピタリティビジネスコンサルティング

ザ・ホスピタリティチーム株式会社 代表取締役 船坂光弘

「お金になるホスピタリティビジネス」構築の専門コンサルタント。ホテルやウェディングビジネスのみならず、異業種のホスピタリティを軸とした新ビジネス立ち上げも指導。


これから日本は更に少子高齢化が進み、国内マーケットがシュリンクしていく業界が多い中で、中小企業の経営者は働く従業員の雇用も守りつつ、利益を上げ続けなければなりません。

そして以前よりも雇用する側よりも、雇用される側の権利が強調される世の中で、今までのようにサービス残業を強いる経営も、すぐにブラック企業呼ばわりをされてしまいます。

採用においても、以前は辞めればすぐに募集をかけて欠員補充で何とか凌いでこれましたが、採用募集をしてもなかなか応募が無い時代です。

働く側にとっても、給与面等の待遇面も重視しながらも、その企業の顧客からの評判や従業員からの評判も口コミ等でガラス張りとなっています。

このような社会環境の中で、如何にこれからの時代を勝ち残っていくか、経営者の手腕が問われます。

その中で経営者がしなければならないことは、如何に今の経営資源を生かしきるかであり、その中でも『勝ち残る』か『疲弊するか』の大きな鍵を握るのは『組織力』です。

私も、コンサルタントをはじめて10年になりますが、組織を見れば、その企業の業績が良いか悪いかがすぐに分かります。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

『勝つ組織の5つの特徴』は、

① 全員で達成したい目標があり、それが全スタッフに共有されている

目標設定が、上層部から一方的に降りてきた目標ではなく、スタッフ全員で設定され、合意された目標設定だからこそ、「やらされ感」ではなく「達成したい目標」となります。

そして、その目標がパート、アルバイトまで共有されているかが重要です。

如何に、目標を「他人事」ではなく、「自分事」にするかです。

 

② 目標達成する為の各スタッフの役割とすべき事が明確である。

組織のパフォーマンスを最大化する為には、全員が目標達成の為に何かしら関わる事が重要です。

その為には、目標を達成する為に必要な役割を新人スタッフ、アルバイトにも与え、組織に貢献している自覚を持たせることが効果的です。

 

③ 情報共有する『場』があり、目標に対する進捗確認や課題解決がスムーズに行われている。

サービス業の現場では、シフト制、交代制で、ミーティング等の情報共有をする場作りができていない組織が多くみられます。

目の前の業務に忙殺されるだけでは、例え目標達成したとしても「偶然」に過ぎず、目標達成し続ける組織は、そこに至るまでのプロセスを分析し、課題解決をし、スタッフ全員で共有する仕組みを築いています。

「ミーティングができない」というのは言い訳であり、今まで私が関わってきた組織は、創意工夫をしながら、その時間を捻出してきました。

 

④ 風通しが良く、スタッフ間のコミュニケーションの障害が無い。

組織の課題で最も大きいのが、このコミュニケーションの課題です。

話し掛けづらい、日によって機嫌が変わる上司は、目標達成の最重要キーマンでありながら、自ら目標達成への道を塞いでいるようなものです。

また、物事の正解が分かりづらいこの世の中では、ひとりのリーダーシップで突き進むよりも、みんなで知恵を出し合い、合意の中で物事を進めるほうが成果を生む確率が高いだけでなく、そこに関わったスタッフの責任感ややる気を醸成するメリットも伴います。

それには、何でも話せる雰囲気の職場、全スタッフがストレスフリーで仕事ができる職場であることが重要です。

 

⑤ 職場環境が明るく、ムードが良い。

勝っている組織で揺るがないのが、職場の雰囲気が明るいということです。

それはリーダーによる影響力によるところが大きいところもありますが、朝の挨拶から始まり、笑顔が多い職場であることも重要です。

逆に業績が悪いところは、まずは、職場の空元気から変えてみるだけで業績が変わった職場を幾つも見てきました。

このように、勝ち続ける組織は、「目標に向かって組織一丸となって全員でやり抜く組織」であり、組織内において誰かを悪者にするような険悪な人間関係や、出世争いの足の引っ張り合いをしているようなレベルでは勝てない時代であることは確かです。

綱引きで例えるならば、みんなで心をひとつにして引っ張るから最大限の力が発揮できますが、誰かが手を抜いたり、逆方向に引っ張っていたりすると勝てる試合でも勝てません。

それには、全員に「勝ちたい」という想いを醸成させて、勝つ喜び、達成感が仕事のやりがいであり、喜びであることをリーダーが示すことが重要です。

あなたの組織は、目標達成していますか?

組織力を最大化できていますか?

 


【経営コラム】ホスピタリティで新ビジネスを生み出す視点
船坂光弘

ホスピタリティビジネスコンサルティング

ザ・ホスピタリティチーム株式会社代表取締役

船坂光弘

執筆者のWebサイトはこちら http://www.thehospitalityteam.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×