事前準備でお金の残せるチェーンと残せないチェーンの違い

  個店力最大化 伊藤稔 SPECIAL
伊藤稔 SPECIAL

個店力最大化コンサルティング

株式会社 レイブンコンサルティング 代表取締役 伊藤稔

儲かるチェーン店をつくっていくには、時代はいま、「画一化」から「個店力最大化」へと変わっている! 多店舗展開するスケールメリットと、一店一店の魅力を強くして収益力を圧倒的に強くしていく実務とは…。

当コンサルタント開催セミナーがあります。


 

da553f9f9bb809ca831b935cc03f932a_m

「話をお聞きしたときは、自社でやってみようとおもったが、半年過ぎてなにも進んでない。」

「店舗改革をするのに これが正しいやり方なのか迷走している。早く相談するべきでした」

よくあるチェーンの経営者の方からのご相談です。

そもそも なぜ、個店力最大化が必要なのでしょうか?

すでに始まってる、人口減 競合の出店で売上は下がり、経費は上がる。当然利益はなくなるから、ギリギリの店は閉鎖をしなければならなくなる。

共通していることは、売上は下がり、コストは上がり利益が出にくくなっていて、赤字に向かっている会社が多いということです。

今、緊急にやるべき課題は、売上を上げること、コストを下げることです。

この2つをどちらか一方をやるんじゃなくて、両方やらないとダメです、生き残れません。と私は、キッパリ申し上げています。

昔は、チェーン店を出せば、売上もあがったから、利幅が薄くても店舗数があればやっていけましたが、今はそういう時代ではありません。

一店ごとに 利益がとれるしくみがないともたないんです。

個店毎に利益を最大化するしくみがないと、会社にお金がのこらないからです。

チェーン各社が、派手な大量出店やPB開発に偏重していた過去十数年の間、私は地味な既存店の改革をやり続け、お金を残すしくみを作ってきました。

その元となるのは、「個店を尊重する」考えでありますが、他の競合が、見よう見まねでやってうまくいかないのは、その道順が違うからだとハッキリ申し上げています。

私が、お手伝いさせていただいている企業の社長には「この改革を進めるときには、十分な準備をして、かつ道順とおりにやってください。」と時に厳しく言わせていただいております。

これを間違えると 目的地に絶対にたどり着けないつけないからです。

さあ、御社では、見よう見まねで迷走しますか?それとも十分な準備で最短ゴールを目指しますか?


当コンサルタント開催セミナーがあります。

【儲かるチェーン店】 個店力を最大化させて収益を伸ばす経営視点
伊藤稔

個店力最大化コンサルティング

株式会社 レイブンコンサルティング代表取締役

伊藤稔

執筆者のWebサイトはこちら http://www.ravenc.jp

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×