トップ > コラム > 働き方改革で成功する方法

働き方改革で成功する方法

  人事制度 松本順市 SPECIAL
松本順市 SPECIAL

人事制度コンサルタント

株式会社ENTOENTO 代表取締役 松本順市

会社を成長させる人事制度づくりで、700社以上の指導実績を誇る日本屈指のコンサルタント。日本の過去50年間の人事制度のつくり方とは異なり、経営者の評価と賃金の決め方を可視化してつくる画期的な人事制度は経営者から大きな支持を得ている。

毎日のようにマスコミからは残業に関する話題で持ちきりです。

経営者も幹部も社員も残業削減を、常に考えざるを得ない環境にあります。

では、この残業を減らす。

つまりは、生産性を高める方法はどうしたら良いのか。

頭を悩ませている経営者も多いでしょう。

その生産性向上に取り組んだ会社で、途中でその取り組みが中断してしまった会社もあるでしょう。

中断しないためには仕組みが必要なのです。

それが成長シートです。

成長シートは生産性の高い社員が、一体何を、どんなやり方でやっており、またそのためにどんな知識・技術が必要であるかを可視化してつくります。

二人以上社員がいれば、また二つ以上の部署があれば、この生産性には必ず違いがあります。

生産性の違いは、働き方、仕事の仕方に違いがあるということです。

この違いを成長シートで可視化し、全ての社員に共有化することです。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

「生産性を高めたいですか!」

この経営者の発言に100%の社員が「そうしたい!」と答えるでしょう。

しかし生産性を高めるにはどうしたら良いのか、実際のところ分からないのです。

そこで成長シートに生産性の高い人がやっていることを成長シートに盛り込めば、全ての社員が同じことをやって、同じ高い生産性を実現することができます。

その成長シートには生産性を示す期待成果と生産性を高める重要業務が記載されており、生産性が高い社員が成長点数が高い結果になります。

そのため、社員は自分が高い評価であることをこの会社で認めてもらったことで、安心してその行動を継続します。

成長シートがなければ、社員は生産性を高めてそれが自分の評価にどうつながったのか分からないままでは尻すぼみになってしまいます。

これはあらゆることに取り組む時に同じです。

さらには、生産性の高い社員がなぜ生産性が高いのかを自ら知ることになり、そのことによってまた新しい生産性向上に取り組むことができるようになります。

つまりこの生産性向上はエンドレス、継続的に高まることになります。

これから働き方改革をする会社はこの成長シートを活用してもらいたいと思います。

 

成長する企業のための、正しい人事制度の視点
松本順市

人事制度コンサルタント

株式会社ENTOENTO代表取締役

松本順市

執筆者のWebサイトはこちら http://www.1ess.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×