トップ > コラム > あの時、出会えて本当に良かった。

あの時、出会えて本当に良かった。

  下請工事業脱却 村松利孝 SPECIAL
村松利孝 SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス 代表取締役 村松利孝

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

昼間は汗ばむほど、暖かくなりました。近所の川には桜が満開、春爛漫ですね。

最近、運動不足で体力が落ちているので、春から柔道を再開しようと思っています。

あなたは、この春、新しいこと始めますか?商売繁盛していますか?

さて今回は、「あの時、出会えて本当に良かった」です。

先週末は、業界組合の総代会に弊社コンサル事業ブース出展してきました。

新しい方や、知った方、いろんな方とお会いしました。その中には弊社の指導先の方も数名おみえでした。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

そして、現在の状況など伺っていると、とっても嬉しい報告をいただきました。

二年前に、弊社の門をたたかれたその方は、下請100%の専門工事会社でした。

現状抱える問題、それを解決するために直接受注のやり方を私も指導し、少しづつではありますが確実にレベルをアップされ、私が絶対これだけは、継続してほしいことをずっと守って継続した結果、最近では大型注文が取れるようになったとのこと。

ブース出展後の懇親会で、その方は、こんなことをお話されました。

初対面のお客様から、あなたにぜひ工事をやってほしい。

こんな風に言われるようになったとのこと。

「そのお客様宅には、うちのチラシがとってあった。村松さんの言ってた通り本当にそうなった。

そして、

「この業界で、村松さんとあの時、出会わなかったら、こんなこと実現出来なかった。」

あの時、村松さんに出会えて本当に良かった。

こんな嬉しい、嬉しい言葉をいただきました。

同行したうちの専務も、その言葉に思わず胸がつまって・・・

もちろん、その方が村松を信じ、努力したからこそ手に入れた成果です。

でも、私も専務も、この方が成功されることが、何より嬉しかった。

弊社日常の工事をいただくお客様からは、

やってよかった、ありがとう。

これも、もちろん嬉しいことですが、今はそれ以上に、指導先の社長さんから

やってよかった、ありがとう。

この言葉をいただくことは、本当に嬉しく、幸せに思うのです。

この言葉を一人でも多くの専門工事会社の社長にいただけるよう、まだまだ頑張ります。

 弊社は、専門工事会社の直販化100%を実現している現役経営者の村松の考え方、具体的な実務の直販経営ノウハウすべてを提供しています。

どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。

そのうち、ゆくゆくはでは一生変わりません。

今度は、あなたがアクションを起こす番です。

 

当コンサルタント開催セミナーがあります。

【工事業専門】直販工事受注への視点
村松利孝

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス代表取締役

村松利孝

執筆者のWebサイトはこちら http://motoukeka.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×