トップ > コラム > 開発提案型企業に訪れる孤独との向き合い方

開発提案型企業に訪れる孤独との向き合い方

  商品開発 四谷剛毅 SPECIAL
四谷剛毅 SPECIAL

商品開発コンサルタント

株式会社シンプルテックプラン 代表取締役 四谷剛毅

商品開発コンサルタント。特に開発部門を持たずに売れる商品開発を実現する、独自の「デベロップレス」体制づくりに定評。いま全国の中小メーカー企業の業績躍進の新手法として、多くの企業から指導依頼が集まる注目のコンサルタント。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

「迷いが取れました」
あるクライアント企業の社長のお言葉です。

当社では、提案型の開発を支援しています。新しい製品や商品を自ら提案して実現する開発です。依頼された仕事ばかりをやっていては、会社の運命を相手先に握られてしまうため、自ら考え、提案できる自立した企業になるためのご支援をしています。

この提案型において、開発中に提案者に必ず生じるものがあります。それは、迷いです。自ら提案し、開発に着手したものの、だんだんと心の中に生まれてくる様々な迷い。

  • この提案で本当に良かったのか?
  • 市場の状況が変化して無いか?
  • このままで売れるのか?
  • もっと良い方法があるのではないか?
  • 軌道修正はいらないか?
  • 計画内容を見直すべきか?
  • 日程はこれで良いのか?

など、など、たくさんの迷いが生じます。

依頼された開発の場合、受注した後は、取り決めた仕様、日程に向かって一心不乱に頑張れば良い。「なんでこんな仕様に決めたんだ?」「だれがこの仕様で良いといったんだ?」と、決定内容に不平や不満が出ることはあっても、仕様や日程に対して、このままで良いのか?、ああしたらどうだ、こうしたらどうだ、と思い悩む余地はありません。

ところが、自ら提案した場合、提案した責任が生じます。上手くいかない場合、「御社がやれるといったんでしょ?」と責任を問われます。言い訳や責任転嫁ができない世界です。そのため、提案企業は、だれにも頼れず、孤独な戦いを強いられます。

相手先から、「本当に上手くいくのか?」と問われ、「大丈夫、上手くいきます」と断言しておきながら、内心は、上手くいくかどうかに対して一番不安を持っている、それが提案企業の実態です。

そこには、言い訳できない、だれのせいにもできない厳しさがあります。だれしも一度は逃げ出したくなります。

もちろん、直ぐに逃げ出すような精神力では、そもそも提案なんかできません。提案できる企業は、強い覚悟を持っています。ただ、それでも開発の途中で厳しい壁にぶつかったり、激しい世の中の変化にさらされると、心が折れて、逃げ出したくなる時や、どうしても判断に迷うときが来ます。

冒頭の企業も、正にそんな状況でした。

こんなとき、頼りになるのが、良き相談者です。

迷いを吐露でき、どうすべきか相談できる第三者。
自分の判断に間違いが無いか、チェックしてくれる第三者。
時には、耳の痛いことでも遠慮なく言ってくれる第三者。

そんな存在が身近に居てくれるだけで、安心して進んでいくことができます。

提案型を目指す企業は、良き相談相手を見つけましょう!!
迷ったときに、きっと助けになるはずです。

 

当コンサルタント開催セミナーがあります。

売れる商品開発を実現する社長の視点
四谷剛毅

商品開発コンサルタント

株式会社シンプルテックプラン代表取締役

四谷剛毅

執筆者のWebサイトはこちら http://stecplan.com/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×