トップ > コラム > 事業改革はいつやるか

事業改革はいつやるか

  下請工事業脱却 村松利孝 SPECIAL
村松利孝 SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス 代表取締役 村松利孝

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

さて今回は、「事業改革はいつやるか」です。

先週、新たなご縁をいただき、弊社のコンサルプログラムを導入スタートされた会社さんに第一回目訪問してきました。

こちらは、現代表の方が弊社セミナーにお越しになられ、自社の未来を考え、奥様、そして息子様と3名で、新たな売上、高利益を出す目的で、村松を呼んでいただきました。

もともと、経営内容は私が携わった中では、とても優秀な会社ではありましたが、今後将来を見据え、専門工事部門の直販受注売上を今よりもっと伸ばしたいとの事でした。

後継者である息子さんは、地域で一番有名な会社にしたい、もっと主体的で、休日も今より増える会社にしたいとの目標も、うかがいました。

望む結果の出るよう、1年間真剣にサポートしていきます。

さて、今年もあと2か月と少し。

日々の仕事はほんとに忙しい事でしょう。

では、ここで質問ですが、この忙しいのは、今後もずっと続くんしょうか?

取引先が盤石経営だから、下請けのウチも安心?でしょうか。

それとも、やはりもう少し儲かる単価で仕事がとりたいとか、工事修理に振り回されず、本当にやりたい仕事を選んで出来たらいいのにとか、余暇もしっかり楽しめるようになりたいとか考えませんか?

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

多分、あなたも何かしらの事業改革はお持ちになっておみえだと思います。

思いますが、では、それはいつやるのでしょうか。

年内ですか、来年ですか、それとも3年先ですか。

どんなに良い策を考えていても、結局、やり掛からないと、何も変わらないです。

どんなに良い勉強会に参加しても、何も経営改革出来ないのも、実際具体的に何も動いていないだけのことです。

新規の「何か」を始めるには、まずやり掛かってしまう、スタートさせてしまうことが一番大事です。スタートするから、必要な道具、技術、具体的なやり方がついてくる。

効果のあるもの、効果のないこともわかります。

事業改革とは、頭ですることではなく、行動ですることです。

忙しい日々日常のなかで新たな仕組みを作ること。

或いは、自分以外の第三者の強制力を自ら課してしまうことも近道でしょう。

そして一番大事なのは、いつ取り掛かるかです。

あなたの事業改革の実現は、今年ですか?

それとも来年ですか?

それとも、そのうち・・・・ですか?  

弊社は、専門工事会社の直販化100%を実現している現役経営者の村松の考え方、具体的な実務の直販経営ノウハウすべてを提供しています。

どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。

今度は、あなたがアクションを起こす番です。

 

【工事業専門】直販工事受注への視点
村松利孝

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス代表取締役

村松利孝

執筆者のWebサイトはこちら http://motoukeka.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×