トップ > コラム > なぜ、請求書は嫌われるか?

なぜ、請求書は嫌われるか?

  10億ビジネスの経営数値成長戦略 野口 タカ子 SPECIAL
野口 タカ子 SPECIAL

10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

株式会社ノグチ経理相談室 代表取締役 野口 タカ子

同族会社の業績を、10億20億事業に成長させる「経営数値」コンサルタント。客数や客単価・生産性などの業績を現す数値と、財務諸表の数値とを統合させることこそ、同族企業の成長の根源であると、「儲かる社長が押さえるべき商売7つの数値の法則」として体系化。頼りになる指導と、評価が高い。

「請求書を頂きましたが、明細に『別紙』と書いてありますが、その明細がついていません。ええ、明細をいただいてから、確認して、お支払いいたします。

…ふ~ん、請求書に間違いがあると、本当に頭に来るね。あ~、請求書なんてなければいいのに…。」 

事務担当者が、郵便受けから、大量の封筒を取りだして、机の上にドサッと置いて、さて、どれが、社長の机の上に持ち込まれますか?

お歳暮の時節が近づきギフトのダイレクトメールが山のよう。 

社長が真っ先に見たいものは、何でしょうか?

気になる製品のカタログ請求をした場合には、カタログが届くのが待ち遠しい。

ギフトカタログも、百貨店が顧客に気を遣ってくれているようで、ちょっと嬉しい。

横目で、ちらっとみて、鬱陶しいけど気になるのは何でしょうか?

それは、「請求書」

 

見たくないけど、どうしても見ちゃう理由

 

「今月はいくらだったの?」

「これ必要なのかな?」

「高い高い言うなら、他の業者に、見積もりさせてみればいいのに。」 

事務員は、独り言のようにそれでも周りに聞こえるように、話しながら封筒を開けて、いろいろな形の請求書を積み上げて、社長の確認トレーへドンと置く。

こんな光景が御社でも毎月行われていませんか? 

請求書は気になるものです。

お金にまつわる書類は、どうしても気になる事柄です。

お金は一種の「恐怖」 

「支払ができるかな。」

社長なら、誰しも思う「お金がないかもしれない」不安をかき立てるからです。 

請求書は「嫌われている」のではありません。

いわば、ツンデレ。

なるたけ払いたくないし顔を見るのもイヤだ、でも見ると相手業者の顔が浮かんで、支払をしなければと思う。

 

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

売上は不安定、支払は確定

 

40億もの売上を上げている社長さんのお話しを伺った折おり、今の心配は?と尋ねると、月末にふと「今月は大丈夫か?」と思うことがある。と資金繰り不安を口にされました。 

売上は不安定が常。

支払は確定が常。

いつでも支払額以上に入金額があるという保証は無いものです。 

「だからね、○○商社から請求書が来たら、真っ先に俺のところへ持ってきてくれ、と事務員に頼んだよ。請求書って気になるんだよ。」 

あなたが思うように、あなたの顧問先も請求書に、この想いをいだいています。

「ありがたみ」が薄れないうちに

 

末締めに発行すると決めたからと、月初に納品しても請求書は月末締めで郵送したら、お客様の手元に「請求書」が届くのは、翌月の月初です。

もう一ヶ月も前の話です。ありがたみも薄れてしまいます。 

納品しても、サービスを行っても、請求書は、業務の流れに添ってお客様に届きたいのです。 

「いい商品だ、自分はいい物にお金を出したんだ、間違いなかった。」と納得してお客様が支払をしていただける、お客様の気持ちに添った請求書を出していきませんか?

PS.

高齢者もスマホを使う時代です。社長!もう切り替えましょうよ。昔ながらの会計経理から脱却しましょう。クラウド型の顧客管理システムが廉価で手に入りまよ。

 

10億ビジネスの経営数値
野口 タカ子

10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

株式会社ノグチ経理相談室代表取締役

野口 タカ子

執筆者のWebサイトはこちら http://www.n-keiei.co.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×