トップ > コラム > 自信を持って現状を乗り越えていく経営者と、自信が持てず現状にとらわれる経営者の違い

自信を持って現状を乗り越えていく経営者と、自信が持てず現状にとらわれる経営者の違い

  商品開発 四谷剛毅 SPECIAL
四谷剛毅 SPECIAL

商品開発コンサルタント

株式会社シンプルテックプラン 代表取締役 四谷剛毅

商品開発コンサルタント。特に開発部門を持たずに売れる商品開発を実現する、独自の「デベロップレス」体制づくりに定評。いま全国の中小メーカー企業の業績躍進の新手法として、多くの企業から指導依頼が集まる注目のコンサルタント。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

「当社にできるでしょうか?」

開発への挑戦を迷っている、ある経営者からの相談です。

この「できるかどうか自信が持てない」という悩みは、開発実績の無い企業の経営者のほとんどが持つものです。

一方で、こういった企業に、実力が無いのかというと、決してそんなことは無いというケースがほとんどです。よくよく聞くと相当に実力があり、ずいぶんと謙遜されているなと思うことが多いのですが、経営者本人は、いたって本気です。

そして、こういった、実力はあるのに自社に自信が持てない経営者には、ある特徴があります。

それは、「現状分析に、できるという自信の根拠を探そうとしている」というものです。

ところが、自社の現状を分析してみると、

  • 積極性がない
  • 言われたことしかできない
  • 自分で考えない
  • やる気がない
  • 挑戦しない

など、社員のことだけでも問題が次々と出てきます。

「これだけの問題があるので、とても自社には開発はできない」

現状分析に、やれそうな根拠が見つからず、すっかり自信を失ってしまいます。

誤解しないで欲しいのですが、何も現状分析が悪いと言いたいのではありません。そうではなく、問いたいのは、「何のために、現状分析しているのか?」ということです。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

自社に自信が持てない経営者は、やれる根拠を探すために、現状分析をしています。その結果、根拠が見つからず、現状を嘆き、あきらめてしまいます。

これに対して、同じように厳しい現状分析結果が出ても、あきらめずに現状を変えていく経営者が居ます。彼らは、厳しい現状をしっかりと受け止めながらも、決して現状を嘆いたり、あきらめたりすることはありません。現状を厳しく否定し、現状を変える努力します。そして、見事に現状を変えていきます。彼らには、現状は変えられるという自信があるのです。

では、彼らの「現状は変えられる」という自信はどこから来ているのでしょうか?

その答えとなる次のような特徴を、彼らは持っています。

それは、「自分と自社の未来を信じている」ということです。

自信とは、文字通り、自分を、そして自社を、信じているということです。

自信に根拠は必要ありません。現状を変えていける経営者とは、自社の未来を信じ、社員の成長を信じ、自分を信じている人です。

逆に、あきらめてしまう経営者は、自社の未来を、社員の成長を、そして自分自身の未来を信じきれない人です。信じきれず、どこかに自信につながる根拠を探そうとする人です。

自社や社員、自分の未来を信じきれない人は、どうしても、信じることができる根拠を探そうとします。現状分析から根拠を見つけようとしてしまいます。しかし、見つからずに、すっかり自信を失い、あきらめてしまいます。

一方で、信じている人は、もともと自信をもっているので、そもそも根拠は必要ありません。ですから、現状分析は変えるために行うのであって、そこに根拠を求めたりはしません。

いつ、どんな状況からでも、人は変われるし、会社は変われるものです。経営者がそれを信じなくてどうするんでしょうか?

現状ばかりを見て、現状を嘆き、現状にとらわれている企業に、未来はありません。

未来に向かって会社を変えなければと思ったのなら、そこに向かって、未来の会社と未来の社員、未来の自分を信じることです。その上で、前進あるのみです。

心配はいりません。真の社員は、未来を信じて突き進む経営者に必ずついてきます。必ず変わります。

必要なのは、未来に向かって会社を変える、現状を乗り越える、その信念です。

我が社の未来を信じましょう!

 

当コンサルタント開催セミナーがあります。

売れる商品開発を実現する社長の視点
四谷剛毅

商品開発コンサルタント

株式会社シンプルテックプラン代表取締役

四谷剛毅

執筆者のWebサイトはこちら http://stecplan.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×