トップ > コラム > 売上よりも大事な○○を知らなければ会社は残せない

売上よりも大事な○○を知らなければ会社は残せない

  ダイヤモンド財務 舘野愛 SPECIAL
舘野愛 SPECIAL

ダイヤモンド財務コンサルタント

ユメリアコンサルティング株式会社 代表取締役 舘野愛

次世代経営者専門の財務コンサルティング機関。同族会社のオーナー社長・二代目社長に対して、経営基盤を頑強なものにする、「ダイヤモンド財務」の築き方を指導。

当社は、同族会社と社長の財産管理(お金が残る仕組みづくり)実務の専門機関なので、実に、様々な会社経営にまつわるお金の相談ごとが寄せられます。従来は、後継社長さん世代の方々が多くご相談にお見えになられていたのですが、最近では、スムーズな次世代へのバトンタッチのために先代社長さん世代の方々もお見えになられるようになりました。

60代を超えてくると否が応でも気力・体力の衰えを感じるものです。それでも「次世代のために」「家族や社員のために」と、ダイヤモンド財務化に取り組まれる姿を拝見するたびに、頭がさがる想いがします。そして、「何とかして、社長さんのお役に立ちたい!」と強く心に思うのです。

ただ、誤解を恐れずに申し上げれば、ご年配の社長さんや営業畑出身の社長さんほど、昔ながらの「間違った常識の檻」から出てきていただくのに、時間がかかる傾向にあるのも事実です。特に、バブル世代や高度経済成長期を経験したことのある社長さんの多くは「売上が増えれば経営が安定して、潰れない会社になるはず」「お金のことは、経理や税理士に任せておけば大丈夫」と、無条件に信じ切ってしまっていることがあります。そのため、なかなか話が通じない、正しい考え方をご理解いただくのに苦労する、というケースが多いのも事実です。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

大切なことなので申し上げますが、「売上が全てを解決する」「売上さえ増えれば会社は潰れない」という間違った常識に囚われている限り、自社の経営が良くなることは決してありません。逆を返せば、もし、社長が財務を知らないまま経営が上手くいっていたとしたら、それは再現性のない幸運といっても過言ではないのです。

強く永く続く会社の社長は、多かれ少なかれ「財務」の実務を知り、その重要性を理解しています。逆に、財務を知らない社長の多くは、何年も、ひどい場合には何十年も「事業は順調なはずなのに、なぜかお金が残らない」「銀行への借金がなかなか減らないけど、その原因がわからない」「どうしてウチの会社は、いつもお金が残らないんだろうか」という漠然とした悩みから抜け出せないのです。

最も重要なことは、社長自らが「売上をつくる能力」と「お金を残す能力」は全く別の能力であるという事実に気付くことです。売上が増えれば、潰れない会社になるのではありません。財務が岩盤だからこそ、事業を自由自在に操れるから、潰れない会社になるのです。あくまでも、財務中心の会社づくりこそが事業永続のキーポイントなのです。

もし、あなたが豊かな成長繁栄を手に入れるとともに、次世代に続く強い会社づくりを本気で目指すのであれば、自らが「財務」の実務を知った上で、自社の財務を磨き上げる努力をしていかなければならないのです。

厳しいようですが「財務」を知らない社長は、社長になってはいけないのです。社長という重責を担う以上は、どんなことがあっても会社を潰さない術(スベ)を身につけておかなければならないのです。

社長の仕事は、強く永く続く会社づくりをすることです。もっといえば、会社の未来を創ることです。

ダイヤモンド財務®コンサルタント
 舘野 愛

【財務岩盤化】次世代経営者のためのダイヤモンド財務の築き方
舘野愛

ダイヤモンド財務コンサルタント

ユメリアコンサルティング株式会社代表取締役

舘野愛

執筆者のWebサイトはこちら http://www.yumerea.co.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×