トップ > コラム > また不況。あなたは準備が出来ている?

また不況。あなたは準備が出来ている?

  10億ビジネスの経営数値成長戦略 野口 タカ子 SPECIAL
野口 タカ子 SPECIAL

10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

株式会社ノグチ経理相談室 代表取締役 野口 タカ子

同族会社の業績を、10億20億事業に成長させる「経営数値」コンサルタント。客数や客単価・生産性などの業績を現す数値と、財務諸表の数値とを統合させることこそ、同族企業の成長の根源であると、「儲かる社長が押さえるべき商売7つの数値の法則」として体系化。頼りになる指導と、評価が高い。

Fromノグチ

経営コンサルタント宮内亨先生から、ハガキをいただきました。

「大不況きたる!」

これが、ハガキの〆の言葉!!! 

ハガキは、お世話になった先生への贈り物の礼状でした。

普通に、贈り物へのお礼が述べられた後に、かの一文、どきり!とします。 

“アメリカと中国の貿易戦争”

“韓国と日本の輸出規制”

“新聞は、「企業3四半期連続の減益」と報道” 

いやー、日々の営業や新聞やテレビの報道に接して、感じていたことをズバっと言われると頭にその言葉が残りますね。 

じゃ、どうすりゃいいのか?

と、思いますよね。 

というわけで、“何をするか?”ですよね

「孫子」は、まず相手のことより自分のこと。

負けない準備をしっかりしようといっています。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

知るべきは、この3つ 

事業で自分の事を知ると言えば、この3つ。

1.自分のお客様を知る事

2.自社の販売のデータをとっていくこと

3.自社の収益構造と資産内容を掴んでいる事

 

とにもかくにも「1.自社のお客様を知る事」

これが一番大事ですよね。

お客様を掴んでいれば、ほしいモノを御用聞きするだけで、販売できちゃう。

自分で新しいモノを作って、売れないかもしれない危険をおかす必要がないモノ。 

つまり「顧客リスト」ほど重要なモノはないのです。

顧客リスト=資産、という事を知っている社長さんは多いでしょう。

でも、実際に「顧客リスト」造りを 実施していますか? 

人通りの多い商店街にお店があるから、お客様が来てくれる。

社長のお店が、もしそのような繁盛店なら、その重要性に気づいていないかも。。

でもね、あなたの繁盛店を支えているのは、ぐるなびのリストかもしれません。 

つまり、「顧客リスト」なんです。

このリストがあれば、新たな店舗を作ったときも、あらたな商品を作ったときもお客様に呼びかけることが出来ます。 

いいものを作ったのに…、お客さんが来ない、、、

『辛い』よ。。。

本当に自分が惨めで情けない人になっちゃう、、、 

そんな社長にならないためには、座って、じっと待つだけでなく、「攻めのリスト活用」です。

自分からHP・ハガキ・チラシなど、打ち出していけます。

 

社長のファンからの生情報こそ、社長の糧 

なによりもありがたいのは、「顧客リスト」から、生身の情報を聞けることです。

生身のお客様に聞くのです、なぜ、顧客になってくれたか?

好きな点・嫌いな点、聞けば教えてくれます。 

営業マンがまわっていた取引先に、社長自ら出向いたら、お客様は、本当に御社の良さを、教えてくれます。

くれぐれも、「ウチの商品の良さを教えてやる!」などとは、言わないで下さい。 

不況であっても、私達経営者の仕事は、「売る」事です。

不況に立ち向かうには、「顧客リスト」です。

さぁ、一緒に作りませんか、 

社長の最高の「顧客リスト」で、社長の最高の事業が、できあがります。

 

―ノグチ

10億ビジネスの経営数値
野口 タカ子

10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

株式会社ノグチ経理相談室代表取締役

野口 タカ子

執筆者のWebサイトはこちら http://www.n-keiei.co.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×