トップ > コラム > 笑顔があるところには、必ず○○がある。

笑顔があるところには、必ず○○がある。

  10億ビジネスの経営数値成長戦略 野口 タカ子 SPECIAL
野口 タカ子 SPECIAL

10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

株式会社ノグチ経理相談室 代表取締役 野口 タカ子

同族会社の業績を、10億20億事業に成長させる「経営数値」コンサルタント。客数や客単価・生産性などの業績を現す数値と、財務諸表の数値とを統合させることこそ、同族企業の成長の根源であると、「儲かる社長が押さえるべき商売7つの数値の法則」として体系化。頼りになる指導と、評価が高い。

Fromノグチ 

週末 夫と共に、都内の大学病院にお見舞いに出かけました。 

知人の社長さんが、入院されたと聞いて、顔だけ見に行こうと手ぶらで、お見舞いに出かけました。 

手ぶらで出かけたのは、理由があります。

実は私の夫も癌患者、一年前の病気発見以来、何度か入院を重ねています。 

知人の社長さんも癌患者。

初めての入院の時は、花をもらっても食べ物をもらっても、鬱陶しいだけ

そこで 同病のお互い様だから、まずは見舞い品なしで伺うことにしたのです。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

違いは、「案内図」 

さて、初めて訪れた病院でしたが、ちがうなぁ、、、ちょっといい感じ、

とても対応がいいのです。

休日の病室ナンバーも知らない訪問客に、守衛のおじさんまでも対応いいんです。 

まず、病院の入り口で、おそるおそる尋ねたのです。

(スイマセン、お見舞いに来たのですが、病室の番号を知らなくて、、、) 

守衛のおじさん、いえ、「スマイルカウンター」の担当者はにっこり微笑んで、A4サイズカラー印刷の[病院全体案内図]をカウンターの上に置きました。 

案内図に私がいる場所とこれから進む道が、紺色のボールペンで書かれていきます。

警備室の位置と申込のためのカウンターがある場所を書き込んで、さらにこう言ったのです。 

「今お客様はここにいます。まず、向かいのE棟に行って下さい。

工事中ですから通路は狭くなっていますが、道なりで大丈夫です。

こちらの警備室に声をかけて下されば、担当のモノがお調べできます。」 

初めての病院…向かいのE棟そろりそろりと通路にはいり、教えられた警備室では、入院棟への道順と、胸にはる「訪問者のシール」をいただきました。

「入院棟の○○階へ行って下さい。その先は、ナースステーションでご案内します」

私達に話しをしている警備のおじさんの後では、同じ守衛の制服を着たおじさんが、パソコンに情報を打ち込んだり、確認したり。

個人情報を守る、と来訪者の利便性を両方保っている。。。

 

ゆくべきところが分かるから、不安なし 

「やあ、いらっしゃい。よく分かったね、部屋番号言っていなかったのに。」

病室では、ちょっと驚いたお顔の社長さんが出迎えてくれました。

綺麗な明るいお部屋で、点滴中の社長さんが、微笑んでいました。 

もし、大きな建物の中で、自分のいるところが分からなかったら、どうでしょう。

誰に聞いたらいいのか、分からない、不安だ。

その結果、汗だくになって走り回った見舞客が、病室のドアを開けたとしたら…? 

あなたの会社でもお客様から、こんな苦情受けたことはありませんか?

何度か来店しているけれど、ほしいと思っていた商品は以前の棚にない!

たったそれだけで、お客さんは怒ったり、買わなかったり。

 

社長が持つべきお金の指標、ハッキリしていますか?

でももっと怖いのは、社長さんあなたがどこにいるのか見えなくなっている時です。

経営者であるあなたの目的地は、まずお金の指標、ハッキリしてますか?

お金の軸がぶれていったら、会社はどこに行き着くのでしょうか? 

どこにいるのか、どこへ行こうとしているのか?

現在地と目的地が記載された地図を持っていれば、不安に陥ることはありません。 

現在地と目的地がハッキリしていれば、行き方は選べますよね。

遠回りしたとしても、目的地は変わらないのですから、進んでゆけます。

社長さん、あなたの顔が下をむくことはありません。 

―ノグチ

 

P.S.

自宅に戻って、さて新聞。眼鏡をかけると、エッ目の前がゆがんで見える…。どうしたんだ、私!キャー、私まで病気か。

いえ、違いました。左のレンズが外れただけ。眼鏡屋さんが、無料でちゃんと直してくれました。さらパッドやフレームの部品も取り替えてくれて、、、

で、結局もう一本眼鏡買っちゃいました。笑顔で「無料」といわれるとね、つい!

10億ビジネスの経営数値
野口 タカ子

10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルタント

株式会社ノグチ経理相談室代表取締役

野口 タカ子

執筆者のWebサイトはこちら http://www.n-keiei.co.jp/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×