事業規模と成長戦略

  メーカー専門の技術戦略 久保智恵 SPECIAL
久保智恵 SPECIAL

メーカー専門の技術戦略コンサルティング

株式会社 ものづくり戦略研究所 代表取締役 久保智恵

メーカー専門の技術戦略コンサルタント。装置を見るだけで、性能から不具合、余力まで判る事から、「装置のお医者さん」と称される。経営トップ層と設計・生産の現場を繋いで、儲かるものづくり、売れる製品開発を指導。



海

企業の規模(売上げ、従業員数)によって、成長戦略は異なります。

しかし・・・。

  • 売上げを上げるために、新商品開発
  • 効率化を図るために、業者を利用
  • 出来ない人を育てるために、教育システムが必要  など

パターン化された解がとても多く出回っています。

大手企業の仕組みを中小企業が真似をすると、問題解決/効率化どころか、混乱を招くことがあります。

  • 今まで回せた業務が回せなくなった
  • 不要な作業が増えた
  • 今まで存在しなかった予算が必要になった  など

 

例えば・・・。

売上げ/利益に余裕のない企業が、時間や予算の必要な教育システムに力を入れれば、ますます事業が回らなくなるのは当然です。

実務を早く終わらせて現金化する仕組みを導入し、キャッシュフローを作る方が現実的です。

  • 新商品の開発より、既存の商品の見直しをして利益幅を増やす
  • 実務や、商品の標準化への取組み
  • 売れない商品の生産計画を見直して不要な業務を削除する  など

業務に沿った対応策を検討する方が即効性が有り、リスクも下がります。

教育は、本来、実務の中ですべき事です。
実務経験があるから、教育によって体系付けることが出来ます。

そもそも、実務に弱い人とは『 すべき事がわからない人 』ですから、必要なのは、教育ではなく、マネージメントです。

 

企業の状態によって、打ち手は変わるし、変えなければいけません。

  • 自社が直面している課題は何であるか
  • どのくらいの資本を投入できるか
  • 現業とのリソース配分  など

現状に応じた、戦略/戦術が必要です。

 

例えば・・・。

大海原に出た船が舵取りを間違えたら、

  • 暗礁に乗り上げて、座礁するかも知れません
  • 波にのまれて、沈没するかもしれません
  • 陸に辿りつく前に、資源が枯渇してしまうかもしれません

船にとって舵取りは生命線です。

そんな大事な舵取りを、他船の真似や一般論で済ませるのは、少々無責任です。

 

自社の成長戦略を考えているのは誰ですか?

もちろん、経営者ですよね。
それが、経営者の仕事ですから・・・。

 

 


【モノづくりの急所】 メーカー企業のためのプロフェッショナル視点
久保智恵

メーカー専門の技術戦略コンサルティング

株式会社 ものづくり戦略研究所代表取締役

久保智恵

執筆者のWebサイトはこちら http://mono-sen.com/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×