第8話:限定販売の3つの機能とは?

  導線経営 中丸秀昭 SPECIAL

限定販売の3つの機能とは?

【集客の仕組み化・営業の仕組み化・人材育成の仕組み化】、3つの仕組み化で最短ルートの成長戦略を指南する“導線経営”コンサルタント中丸秀昭です。

前回は売上2倍に導く10の打ち手をお伝えしました。今回は限定販売の3つの機能についてお伝えします。

普通に生活している中でも「限定」という文字は良く見かけるのではないかと思います。どんな「限定」が思い浮かびますか?ちょっとだけ考えてみてください。







数量限定

季節限定

期間限定

当社だけの~

今だけの特典付き

など・・・

 

「限定販売」は、今を逃したら手に入らない!という消費者心理をついた手法です。そして、「限定販売」には上記のように様々な「限定」がありますが、「限定」が持つ機能には3つあります。

 

先ず1つ目は価格を上げる機能です。これは季節限定や期間限定ではなく、ここでしか買えない、「今回限り」というような希少性を訴求した場合の機能です。

スーパーやコンビニなどでは大手企業の商品・サービスが目に入ってくることが多いと思いますが、中小企業の場合は当社でしか扱っていない、当社でしか提供できない、というプレミアム感の高い商品・サービスを是非検討して頂きたいところです。

 

2つ目は衝動買いを誘う機能です。普段であれば手に取らないものであっても「限定だから・・・」という気持ちが働くことでつい手に取ってしまいます。

 

3つ目は、決断を迫る機能です。人間は決断を先延ばしにする動物です。後ろが決まっていないことはつい先延ばしにしてしまいます。

ところが、期間や数量を限定することによって、「今、決断しなければなくなってしまうのでは?」というように買い手の心理が不安になるので、購買を促進する効果があります。

上記、3つの「限定販売」がもつ機能を参考にして頂きながら、自社に当てはめて考えてみてください。

 

次回は、「売上2倍に導く10の打ち手」の中の「価値を高める3つの手法」の3つ目「松竹梅商法」についてお伝えします。


月刊誌(無料)登録フォーム

×