本物のコンサルティングをより身近に。

成功している社長は「貸借対照表(BS)」の見方がわかる

SPECIAL

ダイヤモンド財務コンサルタント

ユメリアコンサルティング株式会社

代表取締役 

次世代経営者専門の財務コンサルティング機関。同族会社のオーナー社長・二代目社長に対して、経営基盤を頑強なものにする、「ダイヤモンド財務」の築き方を指導。

当社には、様々な会社経営にまつわるお金の相談ごとが寄せられます。 

例えば、「事業は順調なのに、いつもお金がない…」「自分の会社の問題点がわからない…」「借金が思ったように減っていかない…」「先代社長からの財産承継が終わっていなくて、『争族』が心配…」など、会社が置かれる状況や、社長さん自身が財務をどれほど理解しているかによって様々です。 

そんな中、9割以上の社長が「貸借対照表(BS)を見ない」で経営をしています。多くの社長は、自身が意図せず「貸借対照表(BS)が見れていない」のです。  

別の言い方をすると、「貸借対照表(BS)の見方を教えてくれる身近な存在がいない…」「貸借対照表(BS)見方がわからないのが当たり前…」といったところでしょうか。  

特に、社歴が30年以上あるような会社であれば、貸借対照表(BS)には、創業時から積み重ねた歴史と、その会社らしさが数字に表れてきます。社長は、その点を理解し、貸借対照表(BS)を磨き上げるという視点を、意図して持たなければならないのです。  

損益計算書(PL)は、足し算と引き算だけです。よって、多くの社長にとって理解に苦しむようなものではありません。特に、在庫・固定資産などがない、事業が一つに特化しているといったビジネスであれば、大変シンプルな構造になっているものです。  

ところが、貸借対照表(BS)になると、とたんに苦手意識からか、多くの経営者が敬遠し始めます。「貸借対照表(BS)の見方を教えてくれる身近な存在がいない…」という点にも共通するのかもしれません。 

たとえば、プロの職業会計人や金融機関の融資担当者などは、損益計算書(PL)はほどほどに、貸借対照表(BS)を最も重視してチェックします。なぜなら、損益計算書(PL)はごまかせても、貸借対照表(BS)はウソをつけないからです。  

たとえば、社長が、会社のお金のことがわからない、数字が苦手…という会社の決算書を見ると、「仮払金」「仮受金」などがズラリと並んでいます。「仮払金」や「仮受金」の額が多すぎると、「この会社の社長はきっとお金にルーズなんだろうな…」と憶測されてしまいます。  

会社の決算書に「役員貸付金」があれば、「この会社の社長は、生活資金に困っているのかな…」「会社資金を個人資金に流用しているのでは…」と必然的に思われてしまします。  

あなたの会社はどうでしょうか。自分の会社の貸借対照表(BS)がどうなっていて、それが第三者にどのようにみられているのかを考えたことはありますか。会社の貸借対照表(BS)の現状を正しく認識し、未来に向けどんな貸借対照表(BS)を目指すべきなのか。数字で具体的に考えることが大切なのです。  

そのとき、「貸借対照表(BS)を使いこなす。」これこそ、売上も借金も増やすことなく資金を増やすための第一歩なのです。 

社長の仕事は、強く永く続く会社づくりをすることです。 

あなたは、社長として会社の未来をつくれていますか 

ダイヤモンド財務®コンサルタント
 舘野 愛

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。