本物のコンサルティングをより身近に。

数字を読む ― 2兆2,525億円 ―

SPECIAL

通信販売コンサルタント

株式会社四方事務所

代表 

通販戦略なくして事業の成長はない! 20年間にわたり、300社以上の通販立ち上げに携わってきたプロコンサルタントが、経営者のための通販視点とこれからの事業発展の重要戦略について提示。

この数字は、2020 年の食品宅配市場規模予測である( 矢野経済研究所調べ)。図の通り主要業態8 分野を対象に調査し、少子高齢化や女性の社会進出、ライフスタイルの多様化を背景に、食品宅配市場は堅調に伸びていることが明らかとなった。

食関連市場が縮みゆく中、このように食品宅配市場が拡大基調にある一つの要因は、ミールキット(料理キット)の需要が高まっていることが大きい。ミールキットとは、レシピ(献立)と調理に必要な人数分のカット済みの食材(肉・野菜・調味料)がセットになったものである。

このミールキットは、手作りにはこだわりたいが、毎日の献立づくりや買物、調理時
間には時間をかけられないという子育て・共働き世帯からのニーズが高く、また高齢、単身世帯の需要も高まっていることから、大きな成長が見込まれている。

それに伴い、AmazonやNTTドコモ、シャープ、イオン、イトーヨーカ堂、タイヘイ、シュガーレディ、楽天・西友ネットスーパーなど、異業種を含め、ミールキットECに参入する企業が相次いている。

中でもシャープは、2017 年10 月に調理家電「ヘルシオシリーズ」専用の料理キッ
トを宅配するサービスとしてEC「ヘルシオデリ」を開始しており、順調に利用者数を増やしている。

昨年11月には冷凍品を投入するなどサービスの幅を広げて、ユーザーの声に耳を傾けながらアイテムを充実させている。

またNTTドコモは、昨年7 月25 日からオイシックス・ラ・大地と協業のEC サイト
『dミールキット』をスタートさせて、好調な滑り出しを見せている。すでに定期会員も1000人を突破し、男性の利用者も意外に多いという。

本調査結果では、「毎日の献立を考えるのが面倒」(46.7%)が最多で、次いで「料理に時間をかけたくない」(35.7%)、「食材が余らない」(31.0%)など、調理にかかる時間や手間をできる限り削減したいという時短ニーズに加えて、余計な食材を買って余らせたくない(ゴミにしたくない)という需要も高いことが示された。 

今後も食品宅配は、シニア層や共働き世帯を主要なターゲットに日常利用が加速し、生活に不可欠なサービスとして拡大していくだろう。

食品宅配市場規模予測(矢野経済研究所発表)

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。