本物のコンサルティングをより身近に。

まだ公共工事に参入していないのは、なぜ?

SPECIAL

中小建設業のための公共工事コンサルタント

フロンティアマーケティング株式会社

代表取締役 

公共工事専門のコンサルタント。公共工事の受注に関して、売上10億円以下の中小建設業の指導で絶大な評価を博す。建設関連の経営者に加え、税理士・行政書士・銀行マン・保険会社・保険代理店など、公共工事にまつわる関係者にも自身のノウハウを広め、名実ともにパイオニアとして活動。公共工事コンサルティングの専門会社、フロンティアマーケティング株式会社を設立。現在同社代表取締役。

初めまして、公共工事コンサルタントの水嶋です。

私は、10年間中小(売上1億~10億)の建設会社へ公共工事の受注増・売上アップのご指導をして参りました。

あなたは何故、未だに公共工事に参入しておられないのですか?

やりたくない!という方であればそれは結構ですが、やりたいけど○○だからできない、と言われる経営者がほとんどなのではないでしょうか?

この〇〇だから、という理由を私が聞いてきた中で少し紹介いたします。

  • どうやって参入していいかわからない
  • 儲からないと聞いたことがある
  • なかなか落札できないと聞いたことがある
  • 書類など、整えなければならないことが多すぎて面倒
  • 談合が未だに残っていて新参者は参入できない

 

代表的なものはこういったところではないでしょうか。

これらは、全て公共工事参入をしない理由にはなりません!

これらは全て誤った情報であり、その情報は作り出されたイメージ操作によるものです。

少し考えてください。あなたの周りに公共工事で毎年数億、十数億を受注し続けている会社はありませんか?思い当たらない方でも、少しネットで探せばきっと見つかると思います。

その会社は、どうして公共工事をずっとやり続けているのでしょうか?

答えは簡単です。

「儲かるから」です。

毎年公共工事で儲けている会社が存在する一方で、

儲からないっ!等のできない理由を並べて参入しない会社が存在するのです。

では、冷静になって再度考えてみましょう。

毎年公共工事で儲けている会社は、新規参入の会社が増えることを望んでいるでしょうか?それとも、参入はして欲しくないと考えているでしょうか?

この答えが分かれば、あなたが誰に情報操作され、その操作されて情報を鵜呑みにしてチャンスを逃しているのかがわかります。

「〇〇だからやらないんだ!」と新規参入しないことは、誰が一番喜んでいるのでしょうか?

公共工事は、あなたの会社やあなた自身が払い続けている税金でまかなわれています。その税金を工事という名前で自社に流し続けている会社がいます。

あなたは税金を払い続けていますが、一方で税金を自社流して利益を生み続けている会社があるのです。

悔しくないのですか?

あなたはイメージ操作されているのです。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。