トップ > コラム > 経営者が現状を変えたいと思ったときに発すべきメッセージ

経営者が現状を変えたいと思ったときに発すべきメッセージ

2020年5月18日 商品開発 四谷剛毅 SPECIAL
SPECIAL

商品開発コンサルタント

株式会社シンプルテックプラン 代表取締役 四谷剛毅

商品開発コンサルタント。特に開発部門を持たずに売れる商品開発を実現する、独自の「デベロップレス」体制づくりに定評。いま全国の中小メーカー企業の業績躍進の新手法として、多くの企業から指導依頼が集まる注目のコンサルタント。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

当コンサルタントのオンライン個別相談があります。

「このままではいけない、会社が続かないことを何度も伝えているのに、社員が少しも変わりません。」

ある社長の言葉です。イライラしながら落ち着かず、焦っている雰囲気です。無理もありません。この企業は、既存事業が行き詰まりを示しており、かなり追い込まれている状況です。

変化の時代、このままでいい会社は、ほとんどありません。このままではいけない会社がほとんどです。実際に、「このままではいけない」と感じている経営者は多くいます。ところが、きちんとそれを社員に伝えているケースはまれです。

伝えなければ、何も変わりませんから、きちんと伝えなければなりません。もちろん、そう簡単に伝わるものではありません。一度や二度、伝えたくらいで伝わったと思ったら、全く伝わっていなかったということになりかねませんから、何度も何度も繰り返し伝える必要があります。

では、冒頭の会社はどうだったのでしょうか?

社員を見てみると、「このままではいけない」というメッセージは、十分に伝わっていました。この社長は、それこそ、何度も何度も社内で危機を訴えており、それは、社員にも伝わっていたのです。

では、なぜ社員は変わらないのでしょうか?

実は、社員は変わっていました。変わっていないのでは無かったのです。ただし、問題は、どう変わったのかです。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

社員は、次のように変わっていました。

「このままで良い」という安心した状態から、「このままではいけない」という不安な状態に

社員は、社長の「このままではいけない」という強烈なメッセージをきちんと受け取り、その結果、不安になって、完全に動けなくなってしまっていたのです。

これは、最も避けるべき状態です。なぜかというと、新事業への取り組みが動かないだけではなく、既存事業への取り組みも半ばストップしてしまうからです。そうなっては、一気に下り坂を駆け下りてしまいます。だからといって、「このままでも良い」と偽りの安心を与えたままでは、何も変わりません。既存事業の衰退とともに会社も衰退してしまいます。やはり、「このままではいけない」と経営者が感じた時には、それを社員にきちんと伝えなければなりません。

ただし、それだけではだめなのです。「このままではいけない」というメッセージだけでは、社員の心は、安心から不安へと変わり、やがてそれが迷いへと変わります。そして、会社としての迷走が始まってしまいます。

「このままではいけない」というメッセージが社員に十分に伝わったとき、経営者が次に伝えるべきことがあるのです。これをしないと、この会社のように、社員は、不安と迷いから動けなくなってしまいます。

経営者が次にすべきこととは、方向性を示すことです。

これから、どこに進むべきか、どう変えるべきか、何をすべきか、これを社員に伝えることです。ここまでして初めて、社員の行動が変わります。「このままではいけない」と言うメッセージを伝えた後に生じる社員の不安と迷いを取り去ることができるのです。

社員を不安にし、迷わせておいて、何で行動しないんだ!と怒ってみても、社員をフリーズさせるだけです。

御社は、行動すべき方向をきちんと社員に伝えていますか?
何度も何度も伝えていますか?

 

当コンサルタント開催セミナーがあります。

当コンサルタントのオンライン個別相談があります。

売れる商品開発を実現する社長の視点

商品開発コンサルタント

株式会社シンプルテックプラン 代表取締役

四谷剛毅

執筆者のWebサイトはこちら  http://stecplan.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。