本物のコンサルティングをより身近に。

コロナで露呈する社長の真価

SPECIAL

ダイヤモンド財務コンサルタント

ユメリアコンサルティング株式会社

代表取締役 

次世代経営者専門の財務コンサルティング機関。同族会社のオーナー社長・二代目社長に対して、経営基盤を頑強なものにする、「ダイヤモンド財務」の築き方を指導。

当社は、同族会社専門の財務コンサルティング機関です。そのため、業種業態は問いません。建設業や不動産業、製造業やサービス業、卸売業や小売業など、ありとあらゆる業種業態の「同族会社の社長」のご支援をさせていただいております。

どんなに苦しい経営環境下や、逆風下でも、必ず「チャンス」が潜んでいます。しかし、残念なことに多くの社長は、その「チャンス」に気付けず、目の前に見えている「表面的な問題」だけに意識が集中し、結果的に誤った経営判断を下してしまうことがあります。

苦しい経営環境下や逆風の時は、モノゴトを多面的に捉え、中長期目線で深く思考することのできる社長の前には、多くの「チャンス」が訪れます。

しかし、モノゴトを複眼的に捉えることが出来ず、短期的目線で浅くしか思考しなければ、あらゆることが「ピンチ」になります。

一つの事象と起きた時、「ピンチ」と考えるか、「チャンス」と考えるかは社長次第です。

大切なことは、会社の未来を真剣に考え抜き、「今、自社が世の中に貢献できることは何なのか?」「今、自社が取り組むべき真の経営課題は何なのか?」を徹底的に掘り下げ、目の前のピンチを「チャンス」に変えることなのです。

急激な経営環境の変化が起きた時こそ、正しい経営判断の基軸を持ち、確かな相談相手を持つことが、会社の「生命線」になることは、いうまでもありません。

それだけでなく、モノゴトを多面的に捉え、中長期目線で深く考え、決断できるかが大事なのです。

今のような厳しい経営環境下だからこそ、社長は、3年後5年後10年後の未来を見据えて、真に必要な打ち手を考え実行しなければなりません。

「目指したい理想のゴール」を数字で具体化し、そこから逆算して決断をし、具体的に行動に移すのです。

大切なのは、「目指したい理想のゴール」を数字で具体化することです。短期目線だけで考えれば、目先の売上を立てたり、時流に乗ること自体は否定しません。

一番やってはいけないのは、社長自身が「ただ不安だから…」とか「とにかく売上立てないと…」という曖昧で、具体的数字に基づかない行動を繰り返すことです。

大局を見据えた戦略もなく、場当たり的に意思決定をしていれば、破綻を招きます。現場の社員は混乱します。企業体力も奪われ、資金も枯渇し、経営は益々苦しくなっていきます。

自社の事業永続を中長期目線で考えるなら、あらゆる打ち手には絶対的に「大義」が必要なのです。

具体的には、「なぜ、その事業を自社が手掛けるのか?」「どうして、その取り組みを自社ができるのか?」という、顧客の「なぜ、自社の商品・サービスを利用するのか?」という問いに対する答えです。

「儲かりそうだから…」「みんながやっているから…」「すぐに出来そうだから…」「元手もかからず、簡単そうだから…」というものであれば、仮に一時的な売上・利益の足しになったとしても、自社の未来を担うようなものには育ちません。

なぜなら、そこに自社が手掛ける「大義」がない、お金儲けの「作業」だからです。

目の前のお客様のことを考え、使命(ミッション)や経営理念・行動指針に沿った行動をしている会社は、全ての行動に「大義」があります。自社と顧客に対する深い思考があります。

自社の真の顧客に対して、しっかりと考え抜かれた商品・サービスを提供していれば、「付加価値」の高いものになります。利益も出ます。結果、お金も残るようになります。

社長の仕事は、強く永く続く会社づくりをすることです。

あなたは、社長として、どんな未来をつくりたいですか?

ダイヤモンド財務®コンサルタント 舘野 愛

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。