本物のコンサルティングをより身近に。

オフライン研修

SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス

代表取締役 

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

さて今回は、「オフライン研修」です。

コロナの感染予防で、急激にテレワークが普及しました。

ZOOMをはじめとするオンライン会議で仕事をする、直接会わずに仕事を進める。

在宅のまま、仕事をこなす。

ほんの1月2月までは、オンラインの仕事は誰もがしていませんでした。

弊社は、直接指導先の工事店社長にお会いし、経営改善のお手伝いをしてきました。

しかし、ずっと訪問自粛で、代替え策としてZOOM面談をしています。

勿論、対面で話はするのですが、どうしても伝わらないニュアンス、空気感の差を感じています。

あなたは、どう感じていますか? 

弊社では、指導期間の終盤に、販元請化100%工事店の実務体験をしてもらう機会を作っています。

これは、弊社工事店に12日、社長の私と同行し、実際の実務体験を見聞きすることで、自社との比較や、実務の取り組み確認などを実体験できる研修です。

昨日、久しぶりにクライアント社長が、実務体験に来社されました。

もちろん、まだ県またぎの移動は出来ませんから、今回の方は、同じ県内のクライアントさんです。

 

 

この方は、もう4年前からのお付き合いをしており、直接受注で十分成果も出ている方です。

今回は、社長と奥様と事務の方3名でのご来社でした。 

通常12日ですが、近隣市町からでしたので特別に1日で研修しました。 

工事、営業関係は社長を私が担当し、内部業務関係は、うちの専務が担当して、早朝から夕方まで休みなしで弊社の取り組みをお伝えしました。

販促の方法、引き合い電話の受け方、現場調査、見積の出し方、内部の在庫管理、現場ごとの利益管理などリアルをお見せすることで、自社と弊社の違いを肌で感じてもらいます。 

「お客様への伝え方の違いが分かった。」

「職人教育の大切さが分かった。」

「在庫管理は、本当にしっかりしている。」

「村松システムとは、そうゆうことだったの!」 

など、お帰りの際、多くの気づきの感想をお話いただきました。 

昨日の体験を通じて、今日以降、このクライアントさんの専門工事店が、もう1段も2段のシフトアップし、業績が更に良くなることを願ってやみません。 

コンサルティング中にお伝えしたことと、実際の経営実務を実体験できることって、おそらく、他では、まずない事だと思います。 

これらは、オンラインのZOOMでは、決して伝えられないし、理解もできないことです。

このオフライン研修 

他県移動の全面解除になったら、早く、お待たせしている全国のクライアントさんに必ず体験してもらいたいです。 

弊社は、こういう理論法則があるから、やってみては、とか他社で、こんなこと出来るとうまく行くそうですよ、など机上の空論、出来たらいいなの話など一切しません。

私が今日も専門工事直販100%実経営している、弊社の実務だけをお伝えしています。 

新しい生活様式だけではなく、新しい専門工事経営に今こそ挑戦してみませんか?

新しい変化は、社長が行動すれば手に入れることが出来ます。 

どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。

今度は、あなたがアクションを起こす番です。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。