本物のコンサルティングをより身近に。

アフターコロナで「変革できる組織」と「現状に留まる組織」の違い

SPECIAL

ホスピタリティビジネスコンサルタント

ザ・ホスピタリティチーム株式会社

代表取締役 

「お金になるホスピタリティビジネス」構築の専門コンサルタント。ホテルやウェディングビジネスのみならず、異業種のホスピタリティを軸とした新ビジネス立ち上げも指導。

アフターコロナで企業としての変革が求められています。

コロナ前の心地よかったあの時を振り返っても、もう時代は戻りません。

新しい生活様式やテレワークなど、新たな社会に対応しながら収益を上げるということが企業に求められています。

このような非常時に変革しなければならないことは分かっていても、これまでの組織風土によって「変われる組織」と「変われない組織」に分かれます。

特に「組織はリーダーの色に染まる」ので、リーダーのタイプによって「変革できるか」「現状に留まるか」が大きく左右します。

変革に対するリーダーのタイプは次の4つに分かれます。

A.現状に不満を抱えやすく、変化に対して拒否反応を示すリーダー

B.現状に不満を抱えやすく、変化を望むリーダー

C.現状に満足し、変化に対して拒否反応を示すリーダー

D.現状に満足し、変化を望むリーダー

さて、あなたの会社のリーダーは、どのタイプのリーダーが多いでしょうか?

Aタイプのリーダーは、現状の会社の経営に不満を持ちながら、何事にも否定的なリーダーなので、この組織で働いているメンバーは不幸であり、この組織に未来はありません。

Bタイプのリーダーは、2タイプに分かれます。

単なる個人的な不満を抱いていて、自分の思うようにならないことに対して不満を持っているタイプと、

もっとこうしたら良いという前向きな解決策があって、その提案が通らないことに対して不満を持つケースがあります。

前者は論外ですが、後者に関しては、その提案が課題解決に効果的であれば、そのリーダーの想いを叶えることで変革は進みます。

Cタイプのリーダーは、ひと言で言えば「現状が一番!」というリーダーです。

従ってうまくいっている時には、不満も洩らさずに、優れたリーダーとして活躍しますが、有事には変革を嫌い、事が前に進まなくなるでしょう。

そして最後のDタイプのリーダーは、現状に満足して、変革を望むリーダーです。

この現状に満足しているという点においては、自分が優遇されているということではなく、どんな状況、場面においても「感謝できる人間性」を有しているということです。

そして、何事においても「他人事」ではなく、「自分事」として捉えて、変わり続けることができて、成長し続けられる人でもあります。

お分かりのように、この4タイプの中ではDタイプのリーダーが自社に一番求められているリーダーである事は間違いありません。

このような事からも分かるように、コロナ禍になって慌てて全ての事に対して変革しようと思っても、今まで培ってきた組織風土やリーダーの資質によって、変革できるかどうかや変革のスピード感は、半ば決まってしまっていると言っても過言ではありません。

そいう意味でも、リーダーに対する教育を強化し、

「自社に対するロイヤリティを醸成し、会社に感謝しながら仕事に打ち込める人財に育てること」

「常に上のステージを目指し、個人としても組織としても成長を目指す人財を育てること」が重要であり、業務のスキルや業績を追求する以上に経営者が取り組むべき事項です。

私がこれまでサポートしてきた組織の中にも、リーダーの人格育成に真摯に取り組んだ組織と、そうでない組織で、アフターコロナの取り組みに違いが既に出てきていることも事実です。

あなたの会社のアフターコロナの変革は進んでいますか?

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。