本物のコンサルティングをより身近に。

嬉しい報告

SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス

代表取締役 

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

さて今回は、「嬉しい報告」です。

今から丁度2年前、我社のやり方を学びたいと門をたたいたSさん。

その前から、セミナー参加してくれていましたが、思い切って決断され、お付き合いが始まりました。 

何度か会社にお邪魔し、考え方や、方法をお伝えしサポートしていましたが、その秋の台風によって復旧工事業務多忙となり、その後1年間、まったくステップアップは中断し、出来なくなってしまいました。 

今年に入って、サポートの再開したいと連絡があり、また二人三脚が始まりました。

2月ごろ、初めての集客チラシの完成に至りましたが、今度はコロナ感染が全国で起こり、またもや中断かと思われたのですが、ここはがんばっていただきました。 

お互い、コロナで行き来出来ないようになったところは、ZOOMをはじめとするオンラインでカバーし、ステップアップサポートを続けていきました。 

市場条件の悪い中、少しづつ着実に直接契約が取れ初め、そのたびに報告は受けていたのですが、まだまだ、その受注高も内容も満足いくものではありません。 

原因と検証を何度も繰り返し、1件1件場数をこなしてもらいました。

そんなある日、Sさんから連絡が入りました。

お盆前に大口見積を作って、「あとは返事待ちです。」 

その報告を受けたのち、返事をもらえる予定日は過ぎ・・・・ 

しかし、お盆休みも明けたところ、私のラインに、 

「例の物件、受注しました!」

ついに待望の大口受注の契約の報告が入りました! 

Sさん、やりましたね!やっとSさんの実力結果が出ましたね!」

そうお伝えしました。 

本当に、嬉しい報告です。

私とご縁をいただいた方には、必ず結果を出してほしい。

その思いだけで、私はコンサル起業しましたし、

その、 

嬉しい報告 

のを聞くためだけに村松のサポートは存在すると思っているからです。 

でも、結果を出したのは、Sさんの頑張りがあったからです。

知識やノウハウは伝えられるけど、結果は、それだけでは手に入りません。

分かったつもり、知ってるだけでは当たり前ですが、結果など出ません。 

どれだけその知識とノウハウを行動に移せて、継続努力をするかです。 

だから、今回の大口受注は、全てSさんの努力行動100%の結果なのです。

村松は、ホンのちょっぴりSさんの不安や疑問をお答えしていただけです。 

その次は今回の結果の検証です。

なんでこの契約に至ったのか。

Sさん、一緒に考えていきましょう。 

分かったことが再現できるのなら、次もその次も、きっとうまく行きますから。

村松は、私を信頼してくれた方のみ真剣にサポートしています。 

 

どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、

思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。

今度は、あなたがアクションを起こす番です。

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。