仕組み化までいかないと | 日本コンサルティング推進機構

本物のコンサルティングをより身近に。

仕組み化までいかないと

SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス

代表取締役 

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

さて今回は、「仕組化までいかないと」です。

我が社の門をたたき、独自の方法を手に入れたい、なんとか下請業態を脱却したいと、様々な取り組みを実行して、すくなからず成果が出てきた、直接契約が取れるようになってきた、嬉しい報告をいただくことが多くなりました。

しかし、反面、単発受注は取れても、その後ぱっとしない、売上が安定しないといった報告、相談も増えています。

いろいろお聞きすると、

直接受注した案件と、現状の下請仕事が重なって、工事がなかなか進まない

下請が忙しくなって、折角の直接受注案件が、先延ばしになっている。

或いは受注した工事をこなすのが手一杯で、次の販促活動が全く出来ていないなど、結局工事が終わると、次の物件が無くなってしまう、仕事が続かないから、下請仕事で食いつなぐ状態に陥ることがしばしば起こります。 

下請仕事が今後も主流で、売上の補完の直接仕事があればいい程度だったら、これでも良いです。問題ありません。

でも今の下請体質をどうしても逆転したいと思っているのなら、もう一つ上レベルの工事店体制に持って行かないと、いつまでたっても受注は安定せず、直接受注主流経営は手に入りません。

 そこで必要になるのが、直接受注をまわす仕組み化です。

直接仕事を受注するレベルは、結構早い段階で皆さん習得されるのですが、なかなか大きな案件が取れない、案件引き合いが続かないなど、直販化を進めていく上で重要な 

販促活動を、どれだけ継続し、どう行うのか。

早い提案見積はどう出すのか。

見積後の返事を意図的にもらうにはどうするのか。

受注した物件の調整管理はどうやるのか。

工事の管理はどうするか。

終わった物件の集金回収はどうするか。

工事アフターフォローは、どうやるのか。

OB客フォローはどうするか。

 

などが、単発でばらばら、やったりやらなかったり、忘れたりしているうちは、直接受注経営は決して安定しません。自社の元請比率も継続しては伸びません。 

直接受注工事を継続安定させるには、再現性のある仕組みを作らないと手に入れることは出来ません。

見込み客探しから、工事後フォローまで一本の串にささっていないと、調子のいい時、悪い時が繰り返し起こるだけだからです。 

どんなに経営規模が小さくとも、この一連の流れがスムーズに回る体制を作っていくことが必ず必要になります。 

仕組み化までいかないと

あなたの工事店は、どこまで出来ていますか?

直接受注経営は、ヤルと決めて継続しないとやっぱり成り立ちません。

直接受注だけで、今日も工事店経営する村松の仕組み化対策。

25年分のノウハウを本気のあなただけ提供しています。

 

どうしても気になる、やってみたい!うちの会社でも実現可能なのかは、思いたった今」こそです!村松まで今すぐお問合せください。

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。

今度は、あなたがアクションを起こす番です。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。