本物のコンサルティングをより身近に。

ライティングブロックを外す方法

SPECIAL

開業カウンセラーコンサルタント

有限会社ライフビジョン

代表 

開業カウンセラーに特化して指導する、専門コンサルタント。自らカウンセラービジネスを立ち上げ、軌道に乗せた経緯から、カウンセラーとして独立、活躍していくために最も重要なビジネス的視点と実務アドバイスを惜しみなく提供。稼げないカウンセラーが多い中、救世主的存在。

ライティングが上達すると、ビジネスが加速します。

自分の言いたいことをサクッと文字として入力し、なおかつ、読み手をラクラク行動させることができる。

でもライティング自体への苦手意識が強すぎて、パソコンの前でフリーズしてしまう。。。

わかってはいるけど、上手くいかないのがライティングです。

そんな人のために今回は、ライティングブロックを乗り越える思考法をお伝えしていきます。

 

こんにちは、カウンセラー起業講師の矢場田です。

まずは、そもそも何のために文章を書くのか、もう少しポイントを押さえておきたいと思います。

ライティングはインターネットをつかった集客を行うために必要です。

例えば、普段のブログ、メルマガ、SNS、ホームページ作成、LP、広告。

ライティングが上達すると、これら全てがレベルアップします。

集客に必要なものばかりなので、ライティングが上達するということはつまり集客のレベルがアップするということです。

こんなに重要なライティングなのですがまだまだ苦手意識がある人が多いようです。

「お、自分にもできそう」

ライティング方法を学んだときは、そう思うのですがいざライティングしようとすると、書けない・・・

学ぶことと、実際に学んだことを披露する。

インプットとアウトプットでは、かなりギャップがありますよね。

ライティングに対して過剰にブロックがかかっている時は次のように考えるといいでしょう。

 

・良い文章を書かなければという思いが強い

 

紙媒体に文章を書くのとは違い、WEB上の文章は、いつでも何度でも書き直せます。

だから一発で良い文章を書かなくてもいいのです。

 

・書いた文章を他人に評価されるのが怖い

 

「みんなが私の文章を見ている~」

自意識過剰です。

残念ながらそんなに見られていません。。

漠然と怖がっていると、ずっと怖いままです。

実際、誰に評価されるのが怖いか、一度考えてみてください。

おそらく身近にいる数人だったりします。

その人に何を言われるのが嫌なのか?

自分の人生にそれほどまでに影響があるのか?

検討しましょう。

 

・文章の書き方がわからない

上手い文章を何度も読みましょう。

できれば、そのまま書き写してみるのがいいです。

私も以前、書けなかったことがあったのですが、写経のように上手い人の文章をそのまま入力することで書けるようになってきました。

スポーツだとまずは型を真似て、できるだけそのまま再現するのに、なぜかライティングの場合は、苦手意識が強い人に限ってやらないんですよね。

 

・文章が支離滅裂になる

最も言いたいことをハッキリ決めていないのに書き始めるとこうなります。

書くことに迷いが出てきたら、ズバリこの記事では何を伝えたいのか? 

問いかけて脱線しないようにしましょう。

 

・長い文章が書けない

「PCの前に座って、入力しようと思うのですが書き続けることができません」

という人がいます。

事前準備をしましょう。

文章の素材をちゃんと集めることが肝心です。

箇条書きでいいので、書いておきます。

冒頭でこれを伝えて、次にこれを伝え、最後にこれを伝える。

語る順番を決めてから、文章の肉付けをしていくと、まとまった文章が書けるようになります。

 

いかがでしょうか?

何か一つでも当てはまっていたら、ライティングブロックを意識して外すようにしてみてくださいね。

ライティング力は、あなたのビジネスを加速する強い味方になるはずです。

 

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。