本物のコンサルティングをより身近に。

一芸に秀でるために

SPECIAL

下請工事業脱却コンサルタント

有限会社村松鈑金東京オフィス

代表取締役 

屋根の板金工事業で、完全自前受注体制を築き上げた異色の現役社長コンサルタント。稼業を継ぐも、下請けの理不尽さに憤慨。下請け脱却を目指して20年、工事業の直販体制づくりを実現。その貴重なノウハウを同業に惜しみなく公開指導する。

さて今回は、「一芸に秀でるために」です。

あなたの現在取り扱う工事、修理サービスの品質は業界レベルでどれくらいのポジションでしょうか。

同業者の中で、トップレベルでしょうか?

平均点レベルでしょうか?

どちらかというと平均(と思っている)より下のレベルでしょうか。

同じ、修理や工事を扱いますよね、同業、またはリフォーム、工務店なら。私は、建築板金の専門工事店ですから、取り扱いは、トタンの屋根修理、葺き替え。外壁のトタン修理、張り替え、それに雨どいの修理取り換えです。

これはどこの建築板金店や、リフォーム、工務店と同じだと思うのです。

どこも取り扱うということは、先ほど述べた、専門工事店としての修理工事については、規模の大小にかかわらず、何処の会社もやれるということ。

工事店の大小規模によって売上の差もあるでしょう。

このことは、お客様から、修理工事を依頼するときにも影響しますよね。

大きな会社だから、頼んで安心かな。

同じ取り扱い修理や工事だったら、あそこもここもやっているから、相見積もり取ってみよう、とかです。

普通に考えると、大きな工事店の方が有利に思えませんか?

お客様から選んでもらえる可能性が高い。

経営規模の小さい平均点レベルの工事会社では、その競争に、もう勝てない

そう思っていませんか?

私もそう思っていました。

大きな売上の出来る大きな会社には勝てない。

でも、少しだけ視点をずらすと、実は勝てる可能性が出てくるんです。

それは、同業や、総合リフォームが取り扱わない、または力を入れない領域の修理工事あるいはサービスです。

そんな修理、工事なんかないよ!

同業者がやっている工事以外にウチにとりえなんてない。

新しいジャンルに進出するってこと?

取り扱い修理や工事を増やせってこと?

そうではありません。

いまの専門工事屋なら取り扱える修理、サービスの事です。

あなたの過去の施工したことを洗い出すと、ヒントが必ずあります。

そして、もし発見したら、そのことをどんどんPRしていきます。

どんなに細かな小さなことでもかまいません。

小さなこと、めんどくさい事は、同業者や大手は本気でやらないからです。

あなたの工事店で出来るが、他社が本気で狙わない事、サービスが、あなたの工事店を他とは違う工事店にお客様からは見られます

そのことばかりPRすれば、お客様から見ると、あなたの工事店は、「そのことの専門家」に見えてきます。

そうすると、そのことについての施工場数がどんどん増えます。

施工場数が増えれば増えるほど、その「ある」ノウハウはあなたの工事店に、どんどん蓄積されます。

そして、結果一芸に秀でる、「何かがある工事店」になる事が出来ます。

そうすると、その、「あること」だけについては、他の大きな会社より有名になります。

同業他社、総合建築リフォーム会社と差別された工事店になる事。

これをよく考えて意図的に狙ったPRをしないと、これから景気後退の局面で、必ず過当競争に巻き込まれ、工事店経営は益々厳しくなります。

私は専門工事店こそ、これから脚光を浴びると本気で思っていますし、自社で直接受注が出来る工事店こそ、最強だと確信しています。

なぜなら今日まで毎日、これだけで工事店を経営していますから。

経営規模の大きい小さいは関係ありません。

そのためには、自社の出来る修理、工事、サービスから、何か一つ、他社とは違う「何か」の独自性、専門性を発揮してほしいのです。

一芸に秀でるために

詳しいヒントや、具体的なやり方が知りたい、やってみたいときは、村松までこっそり連絡くださいね(笑)

やり方間違えると必ず失敗しますから。

私の25年間の教訓です。

 

村松の直販元請化専門工事店の経営を知りたい、

興味がある、やってみたい!

うちの会社でも実現可能なのかは、「思いたった今」こそです!

そのうち、ゆくゆくでは一生変わりません。

今年こそ、あなたがアクションを起こす番です。

コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。