トップ > コンサルティング

コンサルティング

2018年11月13日(火)開催 社長のための売上アップに直結する情報発信5大戦略(20181113)

メディア戦略は経営者の間でも最も重要な課題のひとつ   ”社長がこのコツを掴めば、お金をかけずに自社業績はグングン伸びる!” 社長はまだ社員と同じ仕事をしていませんか?付き合いと称して無駄な時間を浪費していませんか?社長に…

詳細はこちら

SPECIAL
ロードサイド店の繁盛経営コンサルタント

せっかく学んだことを組織変革に活かせないリーダーのために

■学んだ翌日には日常が待っている  私はロードサイド店舗のコンサルティングを主たる事業としていますが、そこから派生してリーダー研修を行うことがあります。  そのような学びの場で様々な考え方やスキルをご紹介すると、大きく頷く受講者の方…

詳細はこちら

SPECIAL
社内独立店開コンサルタント

実店舗で生き残る方法

今さらですが、私は店舗ビジネスをメインとしたコンサルティングをおこなっています。 “店舗”ビジネスというだけあって、基本的には実店舗がメインのビジネスといえます。現在ではアマゾンや楽天など、ネット通販の巨人が台頭していますが、その彼…

詳細はこちら

SPECIAL
『業績3年 先行管理』の仕組みづくり専門コンサルタント

経営者の思いが社員に伝わらない理由とは

先に注力 経営者、今に注力 社員たち。何度説いても、社長の思いは伝わらない。

「全くわかっていない。何度言っても変わらない…。本当に困ったものです。」 先日、相談を受けたある経営者の言葉です。 応接室の窓から見える自社の工場を眺めたのち、役員から受け取った報告書に視線を落とし、ため息をつきました。  <地元を…

詳細はこちら

SPECIAL
商品リニューアルコンサルタント

少子化と玩具

弊社が開催している商品リニューアル戦略セミナーにおいて「マーケットの縮小と飽和」についてご質問をいただきました。具体的には「わが社は〇〇メーカーですが、超高齢化と人口減で、自社商品の先細りを感じています。リニューアルしても厳しいので…

詳細はこちら

SPECIAL
商品開発コンサルタント

未来への投資を上手く回している企業の特徴

先日、ノーベル賞受賞者が、未来への投資として、基礎研究への投資の重要性を強く説いていました。未来への投資は、止める訳にはいかないものなのに、それが止まりかかっている。受賞者の発言の裏には、そんな状況に対する強力な危機感が表れていまし…

詳細はこちら

SPECIAL
知見発掘の経営コンサルタント

強みが強みである理由とは

経営コンサルティングに携わっていると、よく「強みは何か」だとか「強みを生かす経営とは」などという問いかけを目にすることがあります。目にするだけではなく、自身の意見や発表にもしばしばこの書き出しを使います。 それほどに一般化されている…

詳細はこちら

SPECIAL
人事制度コンサルタント

成長シートは運用してから完成する

人事制度の運用とは、人事制度をすべて作成し、同時に運用することになります。 例えば「評価制度」と「賃金制度」は一体ものであり、人事制度を導入するときは、一緒に導入することになります。  ところが社員の立場でその評価シートを見ると、納…

詳細はこちら

SPECIAL
印象マネジメント「プライムイメージ」コンサルタント

ビジネスで“創る”ことは必須、“創りすぎ”との境目とは?

話をしていると、「創ってない?」という言葉が出てくることがあります。 話を大きくしている、という意味もありますが、本来の自分と違ったキャラクターにみせようとして、「自分を創っている」という意味でも使われています。  イメージコンサル…

詳細はこちら

SPECIAL
商品リニューアルコンサルタント

すべての商品サービスは「嗜好品」である。

コンサルティングの現場やセミナーにおいて、よくいただく直球のご質問に「ターゲットを絞り込んだ方が良いか」というものがあります。近年のマーケティングの教科書では推奨され「特に中小企業において」と強調されることが多いようです。こうしたア…

詳細はこちら

月刊誌(無料)登録フォーム

×