同業者

SPECIAL
10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルティング

なぜ、儲かる社長は、試算表より来月入金予定額を大事にするのか。

「ウン、助かるよ、ウチの経理は、ちゃんと残を教えてくれる!来月の予定も分かるし、2ヶ月後の予定だってほぼ立つ。試算表?確かに試算表がないと原価率がぶれてないかとか、昨年対比とか、労務費の事とか分からないよね。でも、目先安心をくれるの…

詳細はこちら

SPECIAL
地方メディアの高度有効活用コンサルティング

存在感を際立たせる社長の「情報発信」―サバイバルゲームに生き残るには・・―  

私は、専門職(コンサルタント及び職業会計人)として、地方で多くのクライアントさんを抱えて仕事をしています。その立場で、地方のビジネス環境を俯瞰して見ますと、ある種絶望的な気持ちにならざるを得ません。 過疎化高齢化が進み、人口減少は留…

詳細はこちら

SPECIAL
ミッションマーケティングコンサルティング

第98号:自分の強みを最大限に引き出すミッションのつくり方

ある飲食チェーン店のオーナーから、先日、経営相談がありました。 内容を伺うと、「最近、価格競争に巻き込まれ、業績が低迷してきている。自社の強みを明確にする必要があると思うが、なかなか強みが見つからない。強みはどのようにして見つければ…

詳細はこちら

SPECIAL
下請工事業脱却コンサルティング

橋を渡らない商売

さて今回は、「橋を渡らない商売」です。 私の工事会社のある地域は、大きな一級河川、その支流の挟まれたところにあります。市外に出掛けるのには、当然橋を渡らないと出られません。 三角州みたいな土地ですが、当社の修理、工事はその内側市内限…

詳細はこちら

SPECIAL
地方メディアの高度有効活用コンサルティング

社長は誰でもオンリーワン、ただ・・・―「唯一性」は伝えなければ「唯一性」にならない―  

よく「ナンバーワンではなく、オンリーワンを目指せ!」と言った言葉を聞きます。それは、 「ナンバーワンというのは、他者と比べて規模や組織力、技術や商品力などにもともと差があり過ぎた場合、目指したとしても到底届かない、というのが現実であ…

詳細はこちら

SPECIAL
キラーサービス(特別対応の標準化)コンサルティング

社長と考えの合わない社員がのさばる訳

どうしても考え方の合わない社員がいる、との悩みを社長からお聞きすることがよくあります。そして、辞めてもらいたいが、仕事だけはできるので、すぐには辞められてはこまると。 昔から、社員には4つのタイプがいるとよく言われます。  A:社長…

詳細はこちら

SPECIAL
10億ビジネスの経営数値成長戦略コンサルティング

ニッチ限定「おいしい価格」が、あなたの利益を倍増させる。

ウチが好調な理由がわかりました。価格が高かったのですよ。 大きく売上を伸ばしている会社が、うらやましくてアチコチ勉強に出かけました。教えてもらったら、利益率がウチいいんですよ。これって運がいいですね、この地域にいるからですよ。 『適…

詳細はこちら

SPECIAL
地方メディアの高度有効活用コンサルティング

社長がやらないで誰がやる!?―『差別化』への一番の近道「情報発信」―  

先日、ある経営者とお話していたときのことです。 その社長は、「情報発信」の重要性は理解しているものの、実際の行動は、私から見ればまだまだ手をこまねいているようでした。 「見た目」が非常に重要なこの会社の商材は、SNSなどによる「情報…

詳細はこちら

SPECIAL
下請工事業脱却コンサルティング

気づきと後まわし

立春とはいえ、まだまだ寒い日が続きます。 屋根屋という仕事柄、秋の台風時期はとても精神的なストレスを溜めながらの工事が続くのですが、今回の北陸の大雪。 こちらのほうが台風より大きなストレスが掛かるのではと、北陸地方の同業者の会社を心…

詳細はこちら

SPECIAL
地方メディアの高度有効活用コンサルティング

社長に払拭してもらいたい「謙虚」という病―「遠慮」などいらない時代―  

私が社長さんたちに「経営者の行なう情報発信は、企業業績の発展にかなり効き目がありますよ。」とお勧めすると、必ず次のような反論が返ってきます。 人前で話したり、アピールしたりするのは苦手だよ。 文章を書くなんて昔からやったこともないし…

詳細はこちら

月刊誌(無料)登録フォーム

×