トップ > コンサルタントの執筆書籍ご案内 > 御社のトヨタ生産方式は、なぜ、うまくいかないのか? ~偽りの「かんばん」~

御社のトヨタ生産方式は、なぜ、うまくいかないのか? ~偽りの「かんばん」~

書籍 御社のトヨタ生産方式は、なぜ、うまくいかないのか? ~偽りの「かんばん」~

者:
若井吉樹
販売価格:
1250
出版社:
技術評論社 (2007/10/17)
ISBN:
978-4774132440

「トヨタ方式の実態はどうなっているのか?」「トヨタ方式はなぜうまくいかないのか?」―本書ではこの二つの疑問を出発点とし、現場や製造業の経験や知識が無い読者でも、トヨタ方式の大まかな全体像としくみが理解できることを念頭に解説しました.

まず、第1章でトヨタ方式に取り組んだエピソードを紹介してトヨタ方式導入の実態を感じていただき、第2章から第5章に渡ってはトヨタ方式がうまくいかない理由についてさまざまな事例も交えて解説しています。そして最後の第6章でどのように進めればトヨタ方式がうまくいくのかについてまとめています。

 

御社のトヨタ生産方式は、なぜ、うまくいかないのか? ~偽りの「かんばん」~


五藤 万晶
著者 若井吉樹 について

これまで100社以上の改善・改革に関わり成果を上げてきたしくみカイゼンコンサルタント。

改善というと、とかく在庫削減、コスト削減とコストカットのイメージが強いが、改善の成果を販売につなげ、売上をつくり、利益をつくる、儲かるしくみづくりを目指すコンサルタント。

前職NEC時代に工場の生産管理システムの導入に数多く携わるが、経営数字につながる改革につながらない情報システムの取り組みに限界を感じ、現場改善の世界に足を踏み入れる。

2000年からのNECの経営改革の際、トヨタ生産方式の導入に従事し、3年間で3000億円の在庫削減を達成。

改善活動で得たノウハウや経験をもとに、社外の顧客の現場改善支援に携わり数多くの成果を上げ、日経情報ストラテジーにその改善事例が掲載される。

NEC時代の顧客の大半は大企業であったが、中小企業にも自分の得た経験をもとに、「中小企業に儲かるしくみづくりを伝えたい」という強い信念のもと、株式会社しくみカイゼン研究所を設立。
現在、同社体表取締役。1960年生まれ、名古屋工業大学卒業。

主な著書
(実務者向け)
「世界一わかりやすい在庫削減の授業」(サンマーク出版)
 ※ 中国語版が2014年3月末日に発売。
「世界一わかりやすいコスト削減の授業」(サンマーク出版)
「御社のトヨタ生産方式は、なぜ、うまくいかないのか」(技術評論社)
 ※ 北米Enna社より、英語版「Mistaken Kanbans」が発売済。

著者のコラム、セミナー情報はこちら

月刊誌(無料)登録フォーム

×