トップ > コラム > まさかの時代にするべき改善[4]

まさかの時代にするべき改善[4]

  現場改善 柿内幸夫 SPECIAL
柿内幸夫 SPECIAL

現場改善コンサルタント

柿内幸夫技術士事務所 所長 柿内幸夫

メーカー企業の現場改善指導と、「儲かる新たなモノづくり」体制を指導する辣腕コンサルタント。全社員が一丸となって改善する「KZ法」を体系化。ライバル企業に対して圧倒的な差を生み出していく体質改善指導に、全国から指導依頼が集まる。

先々々回、「まさかの時代」にするべきこととして、今すぐに実行して「もうできちゃったの、まさか!」とに言わせることだと申し上げました。「いつやるの?」「今でしょ!」は2013年の流行語大賞を取りました。知らない方はほとんどおられないでしょう。しかし今何をするのか?

先日ある会社で「うちはすぐ会議を開きます」という話を聞いたのですが、それって「まさかの時代にするべき『すぐやること』」とはちょっと違わないかなあと思いました。

私の改善指導会では、その場でできることであれば即みんなでやってしまいます。その場でやるとすぐに結果が出るのと、実行の過程でいろいろなアイデアが生まれて次のステップの宿題が決まります。しかしもしこれをその場でやらずに宿題にしたらどうなるでしょうか? 次にやることはその宿題をいつやるかを決める会議を開くことになったりしますからやはり即実行はメチャクチャはやいことになります。

以前、欧米のビジネスマンから日本人はどうしてこんなに会議ばかりするのだ?としばしば聞かれたことがありました。日本人は会議好きなようです。もちろん会議をすべて否定することではありません。会議を通じて情報を共有化したり広く意見を求める必要がある時もあります。しかし会議をしないでも実行できることがたくさんあることも事実です。

私も先日あることの決定に関して、これまでいろいろな人に連絡したりついでに意見を聞いたりというプロセスを経て決めていたことがあったのですが、それを一切省いてすべて自分で決めて結果を全員に報告するということをしてみました。実はこの仕事は本来すべて自分で決めるべきことであったのですが、つい習慣でいろいろな人に声をかけていました。

今までとやり方を変えたので、ちょっとだけですが失敗したらどうしようと心配になりました。しかしやってみたら何の問題も起きなかったし、何よりもこれまでやっていた調整などの連絡のやり取りがすべて省けたことの能率向上はすごいものでした。

まず会議ありき…という習慣はスピードを落とします。習慣で会議がひらかれていることがありませんか? チェックをお願いします。

 

【メーカー社長必読】日本のモノづくりの新視点
柿内幸夫

現場改善コンサルタント

柿内幸夫技術士事務所所長

柿内幸夫

執筆者のWebサイトはこちら http://www.kakiuchikaizen.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×