トップ > コラム > まともなコンサルタントかどうかを判断する方法

まともなコンサルタントかどうかを判断する方法

2015年4月24日 コンサルタントの上手な活用法 五藤 万晶 SPECIAL
五藤万晶 SPECIAL

コンサルタントの上手な活用法コンサルタント

日本コンサルティング推進機構 代表取締役 五藤 万晶

いま日本で随一と名高く、社長とコンサルタントをつなぐことで高い評価を博しているスペシャリスト。コンサルティングビジネス専門のコンサルタントとしてこれまで300人以上と関わる一方、経営者に本物のコンサルティング活用の重要性、有効性を広める活動を展開。経営者のために、コンサルタントの上手な活用法を提示し、自社に最適なコンサルティングの選定、活用法などの相談に乗っている。

当コンサルタントのオンライン個別相談があります。

08f311617614e9831b0fe955b71806f1_s

世の中、いろいろなコンサルタントがいますが、その中で、「この人はまともなコンサルタントなのかどうか…」と心配になることもあると思います。

実際、「何か簡単に、まともなコンサルタントかどうかを判断する方法ってないですか?」と、よく尋ねられます。

実は、簡単な質問一つで、かなりの精度で判断できてしまう方法があります。それは、「なぜ、コンサルタントになったのですか?」という質問です。

実に単純な質問なのですが、たったこれだけで、似非コンサルタントを見抜けてしまいます。筋が通らない答えだったり、変な態度になったり、納得感のない答えだったりしたら要注意です。

まともなコンサルタントなら、ちゃんとした答えが返ってきます。しっかりとした考えや意志によって、コンサルタントになっているからです。

なんとなくコンサルタントを名乗っている人、都合よくコンサルタントを名乗っている人、本当はコンサルティングなんてできないのに名乗っている人、彼らが堂々と答えられないのは、「経営者が納得する明快な理由」なのです。

変なのにつかまったら時間とお金の無駄です。ぜひ最初に質問してみてください。

当コンサルタントのオンライン個別相談があります。

【専門コラム】社長のための、コンサルティング活用の視点
五藤万晶

コンサルタントの上手な活用法コンサルタント

日本コンサルティング推進機構 代表取締役

五藤 万晶

執筆者のWebサイトはこちら  https://www.drgc.jp

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。