低レベルなコンサルタントの手口

  コンサルティングビジネス専門 五藤万晶 SPECIAL
五藤万晶 SPECIAL

コンサルティングビジネス専門コンサルティング

株式会社日本コンサルティング推進機構 代表理事 五藤万晶

日本で唯一のコンサルティング業専門のコンサルタント。法人対象の実務コンサルティング指導ができる実力者を、これまでに100人以上輩出。またコンサルティング会社、コンサルティング事業部からの依頼も絶えない「コンサルビジネス」の第一人者。


IMG_11311

本当は、まともなコンサルティングなんて出来ないのに、コンサルタントを名乗っている人が結構います。

もしこんな、「なんちゃってコンサルタント」に依頼しようものなら、被害甚大…になってしまいますので、彼らの手口をしっかり知っておいてください。

その最も代表的なのが、「共に…」という表現です。

いませんか周囲に? 「一緒に考えて行きましょう…」といったメッセージや「シェアしましょう」的な人。

冷静に考えてみてください。これらのメッセージは、仲間とか対等の関係の時に使う単語ですよね?

なぜ、コンサルタントに依頼するのですか? お金を払って…。難しく考えるまでもなく「オカシイ」ですよね?

彼らが「カウンセラー」とか「ファシリテーター」と称しているなら正しい表現でしょう。

ですが、コンサルタントと称していながら、実際には「何をどう指導していいのか、本当のところ自分もよく分かっていない」というのが実態です。

その誤魔化し方法として、「一緒に考えて…」ということが、よく行われているのです。こういう人には頼まないことです。

コンサルティングができる人をコンサルタントと言います。


【専門コラム】社長のための、コンサルティング活用の視点
五藤万晶

コンサルティングビジネス専門コンサルティング

株式会社日本コンサルティング推進機構代表理事

五藤万晶

執筆者のWebサイトはこちら http://www.drgc.jp

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
当コンサルタントの執筆書籍をご案内
月刊誌(無料)登録フォーム

×