トップ > コラム > 《受講レポート》20万円以上の高額コーチングプログラムの魅力

《受講レポート》20万円以上の高額コーチングプログラムの魅力

  スクールビジネス構築 小林正弥 SPECIAL
小林正弥 SPECIAL

スクールビジネス構築コンサルタント

株式会社教育スクールビジネス研究所 代表取締役 小林正弥

異色の、教育スクールビジネス専門の経営コンサルタント。独自のカリキュラムづくりからEラーニング、生徒集めの具体戦略まで、スクールビジネス構築に数多くの実績を誇る。社内の「教育の仕組みづくり」にも多くの企業が支援を仰く注目のコンサルタント。

今回は私が実際に受講した高額コーチングプログラムの体験談を紹介します。

なぜ価格が高くても生徒から選ばれるのか?

その秘訣を生徒の目線から探ります。

書籍やインターネット上に、情報や知識が溢れていても、いつまでも「できない人たち」がいます。

私自身、英語やダイエットにおいて何度も挫折している「できない人」でした。

家にはその分野の本がたくさんあります。

しかし、いろんなノウハウをつまみ食いするばかりで、いつも3日坊主で止まってしまっていました。

そんな状況をなんとか脱出したいと思い、コーチングという目標と行動を管理してくれるプログラムに興味を持ちました。

私がいつまでも結果が出せないのは、ノウハウの問題ではなく、行動を止めてしまうことだと考えたからです。

eラーニングを活用した月額10万円以上のコーチングプログラムの2つの事例

 

【事例1】 「英語コーチングプログラム」2ヶ月で25万円

 

以前もご紹介した、Skypeを活用したオンライン英語学習プログラムです。

私が英語力を磨きたいと思って、インターネット検索をしていた時に偶然見つけたサービスです。

当時、私は神奈川県に住んでいましたが、この英語学習コーチは、宮城県在住で面識はありませんでした。

Skype も音声通話だけで、一度もお顔を見たことがありません。

それでもこの英語学習コーチは、日本全国、そして海外のクライアントもサポートしていました。

このプログラムは、週1回の Skype レッスンと自学自習の指導がメインです。

私の目標に合わせて学習カリキュラムを組んでくれます。

市販の教材を指定されて、1日120分自学自習し、毎日メールで報告するのがルール。

週1回のSkypeレッスンは60 分で、分からなかったことの質問、単語テスト、英会話チェックなどを行いました。

はじめは遠隔のプログラムに不安でしたが、実際に受講してみると、3日坊主どころから毎日学習を継続でき、短期間で英語力が上達し、大変満足して終了することができたのです。

【事例1】「ダイエットコーチングプログラム」2ヶ月18万円

 

こちらも以前ご紹介したLINEを活用したオンラインダイエットプログラムです。

このプログラムを受講し、私は2ヶ月で13 kgのダイエットに成功しました。

2年経った今でもリバウンドはしていません。

「相撲取り」という不名誉なニックネームまで付いていた私が、ついにダイエットに成功したのです!

このプログラムでは、日々の食事や運動の指導はLINEでした。

毎日、私が体重、体脂肪率、BMI、食事内容、睡眠時間をLINEでトレーナーに送ります。

トレーナーからの返信は基本的にはLINEスタンプと簡単なメッセージくらい。

ただし、途中で体重が落ちなくなり、心が折れそうになった時は、トレーナーが私の「ダメかもしれません」という弱音に対して電話でフォローしてくれました。

ダイエットのメカニズムに関しては、参考書を紹介され、知識をインプットしました。

結果的に、私はトレー ナーとほとんど顔をあわさなくても無事にダイエットに成功できたのです。

プログラムの費用は高いかもしれませんが、素晴らしい自己投資となりました。

アウトプット支援にフォーカスするコーチング

 

従来のスクールというのは知識のインプットが中心です。

しかし、結果を出すにはアウトプットが大切です。

私が受けた2つのコーチングプログラムは、インプットだけでなくアウトプットまで支援してくれたので、結果を出すことができました。

知識はあっても継続できなかった私のような人に対して、コーチングプログラムはとても魅力的でした。

しかも、高い付加価値を提供しているわりには、教える側は、市販のテキストや、無料のオンラインサービスを使うなど、ほとんどお金をかけていません。

しかも、オンラインなので全国の生徒をサポートできます。

結果にコミットするコーチングプログラムの需要は高いと言えます。

3つの注目ポイント

 

  • 実践を支援するコーチングプログラムは需要あり
  • コーチングで「できない人」を「できる人」に
  • 得られる価値が高ければ、高額でも売れる

 

儲かるスクールビジネスをつくるポイント
小林正弥

スクールビジネス構築コンサルタント

株式会社教育スクールビジネス研究所代表取締役

小林正弥

執筆者のWebサイトはこちら http://schoolbiz.jp/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×