トップ > コラム > 勉強だけでは何も変わらない・・・

勉強だけでは何も変わらない・・・

  商品開発 四谷剛毅 SPECIAL
四谷剛毅 SPECIAL

商品開発コンサルタント

株式会社シンプルテックプラン 代表取締役 四谷剛毅

商品開発コンサルタント。特に開発部門を持たずに売れる商品開発を実現する、独自の「デベロップレス」体制づくりに定評。いま全国の中小メーカー企業の業績躍進の新手法として、多くの企業から指導依頼が集まる注目のコンサルタント。

当コンサルタント開催セミナーがあります。

私は、日頃、製造業の方に商品開発、技術開発で成功して頂くために、微力ながら全力を尽くしています。セミナーやコンサルティングを通じて、成功するための秘訣をご説明させて頂いているのですが、ご説明した後に頂く感想で、とてもがっかりしてしまうセリフというのがあります。

それは、「勉強になりました」「参考にします」というものです。

このセリフを聞いたとき、私は、がっかりすると同時に「失敗した」と素直に反省します。
なぜかというと、私の目的はお客様の成功であり、お勉強、すなわち「わかったつもり」では、目的を達成できないからです。

何か新しいこと、これまで知らなかったことを始める時に、最も陥りがちで、最も避けなければならないこと。それが、わかったつもりになって満足してしまうことです。

なぜ、避けなければならないかというと、行動につながらないから。
行動につながらなければ、決して成功はありません。

とても当たり前のことですが、この「わかったつもり」で止まってしまう方が多くいらっしゃいます。

手法や仕組み、考え方を、わかったつもりの状態から、真に身に付いた状態に持っていき成功するためには、必ず、「実践」「行動」が必要です。
この事実から決して目を背けてはいけません。

「行動無くして、成功無し」です。
わかったつもりを卒業して、直ちに行動しましょう。

一方で、闇雲に行動してしまっては、失敗を繰り返してしまいます。その間に、貴重な時間を失い、成功するのに極めて大切なタイミングを逃してしまいかねません。

いかに時間を掛けずに行動を成功に結び付けるか?
そのために、手法や仕組み、考え方があり、私は、それを提供させて頂いています。

繰り返しますが、「手法や仕組み、考え方は、行動に移し、行動を成功に結べ付けるためにある」のです。
わかったつもりになって、行動しなければ、当然、成功はありません。

必要な知識を得たら、直ちに行動を
わからなければ、知っている人に聞く、という行動を。
決して、行動できない理由を永遠と探し続けてはいけません。

 

当コンサルタント開催セミナーがあります。

売れる商品開発を実現する社長の視点
四谷剛毅

商品開発コンサルタント

株式会社シンプルテックプラン代表取締役

四谷剛毅

執筆者のWebサイトはこちら http://stecplan.com/

当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×