トップ > コラム > 営業マンが評価面接を受ける時、大切にすべきひとつの事

営業マンが評価面接を受ける時、大切にすべきひとつの事

  営業部再設計 大森啓司 SPECIAL
大森啓司 SPECIAL

営業部再設計コンサルタント

有限会社 アクトコンサルタント 代表取締役 大森啓司

コンサルティング営業を軸とした、「売れる営業部づくりの再設計」を指導。現有戦力で販売力の最大化を図り、30%の売上増をめざせる体制づくりに定評がある。圧倒的な営業スタッフ指導実績数でも評価が高い。

「先日、評価面接がありました。目標も達成しているのに、上司は正しく評価してくれません」

「こんなに頑張ったし、会社への貢献度も高いのに」 

営業研修やメンタリングの場でこのような不満を聞かされることがあります。 

上司の評価に納得できず、悔しい思いをしている人は少なくありません。 

このようなお話しを受けた時、大森がお願いしている事があります。 

それは、自身の成長目標について話す事です。 

この面接を、過去の評価だけで終わらさず、これから期待されている事も尋ねてほしいのです。 

話し合いの中で、上司との評価の差(ギャップ)を確認し、これからの自身の成長に何が必要か?

真摯に聞いてみてください。

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

上司の大切な仕事のひとつに、貴殿を成長させるというミッションがあります。 

貴殿は、客観的にその意見に耳を傾け、これからの成長に向けた目標について話し、確認する。 

これにより、数字目標を主とした評価に加えて今後の目標も決まり、お互いが前向きな気持ちになります。 

万が一、貴殿が納得できない評価であったしても、今後何ができれば、評価していただけるのか? 

上司とその場で書面化、6ケ月もしくは1年という期間で自身の成長目標を確認する。 

評価面接とは、過去の会社への貢献度について話し合う場です。 

しかし、これに留まらず前向きな意見交換の場、これからの未来に向けた目標設定の場として、双方にとって意義ある内容とすべきなのです。 

お盆明けから予定される上期の評価面接は過去の評価だけに固執してはいけません。 

未来の自分について、上司から期待されている活動内容を確認し、自身の成長に向けてアクセルを加速しましょう! 

今回も最後まで、読んでくださりありがとうございました。

 

【売れるをつくる】営業再設計の経営視点
大森啓司

営業部再設計コンサルタント

有限会社 アクトコンサルタント代表取締役

大森啓司

執筆者のWebサイトはこちら http://www.act-con.jp

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×