トップ > コラム > チャレンジが強みをさらに強くする

チャレンジが強みをさらに強くする

  知財・ライセンスの収益化 後藤昌彦 SPECIAL
後藤昌彦 SPECIAL

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー) 代表取締役 後藤昌彦

知的財産、マーケティング、マネジメント…を融合し、ライセンスによる収益を恒常的に得る仕組を創るコンサルタント。「見えない有益資産」である知的財産を見える化し、将来、億単位の収益向上に繋がる新たな収益力を引き出す独自の仕組みづくりに定評がある。

「後藤さん、この技術分野は後藤さんの専門分野じゃないと思うんだけど、今までの実績を考えて後藤さんにやってほしいと思っているんだ。やってくれる?」

これは、先日私がお世話になっている一般社団法人の方から仕事の話があったときにおっしゃった言葉です。

私の仕事の中に、知財ビジネス評価というものがあり、上述の方からいただいたのは
ある会社の知財ビジネス評価をやるという仕事でした。

話を聞いてみると、技術分野は確かに私の専門ではなかったのですが、知的財産の価値が全く分からない領域ではなく、ヒアリングして特許の内容を把握すれば可能と考え、また自分自身の強みもさらに強くなると判断し引き受けることにしました。

皆様の会社でも、「この仕事は当社でできる分野ではない」という仕事を持ち込まれることがあるかと思います。皆様は、そういう場合どうされていますでしょうか?

当コンサルタントの関連商品を販売しています。

少し話は変わりますが、私が企業の評価書作成をさせていただく際に、経営者には必ず「貴社で仕事を受ける際に指標にしていることは何か?」ということを尋ねています。

それにどう答えていただけるかよって、その会社の仕事に対する取り組み方の一端が
見えるからです。

将来性を考え、赤字になっても受けると答える方もいますし、自社の技術ではコストも納期も合わないから今の仕事以外の仕事は受けないとおっしゃる方もいます。

要は経営者の考え方次第ですが、やはり成長を目指している会社はリスクを取っても新しい仕事に取り組み姿勢が見られます。

現状維持は退化と同じと、以前ブログで書きましたがまさにその通りです。

自社の強みをさらに強くするため、新しいことにもチャレンジする。

非常に大事なことですね。

 

【知財・ライセンス】会社に眠っている資産を収益化する視点
後藤昌彦

知財・ライセンスの収益化コンサルタント

株式会社 IPMaaCurie(アイピーマーキュリー)代表取締役

後藤昌彦

執筆者のWebサイトはこちら http://www.ipmaacurie.com/

当コンサルタントの関連商品を販売しています。
当社の関連商品を販売しています。
月刊誌(無料)登録フォーム

×